主にスパロボ好きがゲーム、映画、適当なことを書いていきます               
                                ご覧のとうり犬マユファンでありJAM projectファンでもあるので好き勝手にやりながら燃えるものを探求してます(−−)               しかし、ただ暑いor暑くるしいってだけのは嫌いです

2010/8/13

知っている中で最高の作品  特にお勧め作品

熱い作品特集最終日  今日は自分の中で1番のを

(−−)つクリックすると元のサイズで表示します

マヴラブ オルタネィティブ(以下オルタ)

PCゲーム

なんと言いますかアドベンチャーゲームの中で最高傑作だと思います

これは続編の2作目であり3部構成の話です

1作目のマヴラブが1部、2部 マヴラブオルタが3部目の話になっています

自分が勧めるのはオルタのほうなんですが1作目のマヴラブをやってからでないと惜しくなります

まず1作目であるマヴラブの1部  これはただのギャルゲーというか18禁のためエロゲーです  学園を舞台に主人公がハーレム  それだけの話

ところが続きである2部  ふと主人公が目を覚ますと1部が始まった時の日付に戻っているだけではなくそこは数十年間地球外生命体   通称「BETA」(ベータ)と戦争をして地球の全人口が10億になるまで敗北に瀕している世界にきてしまう

そこでまだ状況が解っていない主人公は学校に行くとそこは軍の基地になっていて成り行きで軍人となりこの世界にもいたヒロインである同級生達と一緒になるが戦時下の軍国主義の考えがあり1部の舞台である元の世界とは思考、思想が若干違うみんなに戸惑いながら元の平和な世界に戻りたいと思いながら訓練に励む話

これが1作目までの話で3部目であるオルタはその続編になります

まず地球外生命体であるベータですが種類が結構あり2,3Mから50Mと大きさが異なりますそれに対しての戦力となるのが戦術機と呼ばれているロボットで戦います ↑にあるこのブログのタイトルの絵や我が愛機てあるやつがそうです  解らない人はガンダムみたいなもんと思ってください
ベータはまぁエイリアンみたいなのです
こんなの
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

OPである未来への咆哮

オルタはこの歌どうりの内容です 
断言しますと最初にこの歌聞くのとオルタプレイ後はまったく違う感じになります

wikiから転記

主人公の成長や戦闘シーンの迫力、高揚感によって「燃えゲー」、展開される物語・描写の残酷さ(グロテスクさ)や主人公の苦悩、ヒロイン達の背負った宿業とその結末などによって「鬱ゲー」、登場人物の心情や物語の結末がもたらす浄化感によって「泣きゲー」と称され、様々な属性を併せ持つ作品である。

これとうりでキツくもあります オルタが18禁の理由は残酷、グロ描写にあります
でも感動もかなりあります  というかまともに泣いた作品はこれが初めてです

グロはソウやスプラッタ映画を焼肉やハンバーグなど平然に食べながら見ていて実際の潰れた死体とか見たことあって慣れている自分が吐きかけたほど

感動はよくTVとかで紹介されている作品を(−Д−)としか思ってない自分がひたすら泣き続けるほどです

グロは1作目からちゃんとやっていたからこそクルものがありますね

18禁というせいかオルタまでエロゲーエロゲーと卑下されてることとグロがキツイて声もあってか全年齢版も発売されていますが最初は規制かけられていない18禁版をお勧めします
ちなみに1作目は全年齢版でも良いですのでそっちはお好きに しかし1作目をやってからでないとオルタは意味無いです

ここまで生命、人の命の輝きを激しく光らせる作品は無いでしょう それほどまでにこの作品は凄いです

この作品は断固勧めます それはもう押し売りのごとくグイグイと無理やり(つ−−)つ

みなさんも是非やってみましょう  長いですが
(参考 1部20時間 2部20時間 オルタ120時間 自分は読むの遅いほうなのでみなさんの場合これの3分の2くらいで済むかと  オルタの文章量半端ない)

では(−−)ノ
1

2010/8/10

魔法に変身ヒーローにロボットを合わせたやつ  特にお勧め作品

熱い作品特集 今日は特に気にいってるやつを

(−−)つクリックすると元のサイズで表示します

機神咆哮デモンベイン  PS2  
移植されたやつで元はPCゲームで 斬魔大聖デモンべイン

いつもながら適当にゲームを漁ってた時に見つけてやってみたら当たりでした

最初はただのギャルゲーかなと思ってたのですがパッケージの説明を見てみると
クリックすると元のサイズで表示します

ほう・・・  荒唐無稽スーパーロボット列伝とな(−ω−)

その1文で買う気になりました(限定版で2000円しなかったてのもありますが)

通常版にもついているOVAとなる30分のDVDがついていて入門編のかな?て思いながら見たところ

中々良いじゃないかヾ(==)ノ  

内容は本編の中盤に空白になっている部分がありそこを補うところの話なのですがデモンべインはこういうのなんだて紹介にもなる内容でした

さて本編の内容

科学と魔術が発展してる都市が舞台  魔導書と才能があれば魔法が使え 無くても科学技術で使えないこともない世界
仕事が全然無い空腹といつも戦っている探偵が主人公  ある日出会った人にもなれる世界最高の魔導書ネクロノミコンに無理やりパートナーにされて魔術を自分の欲望のままに使う暗黒面に堕ちた外道集団ブラックロッジと戦う話
ブラックロッジがいつも巨大ロボで暴れているんですが主人公の他に変身ヒーローみたいなのがいてそれが主人公の敵になったり味方になったりします(主人公も一応変身はする)
さらに主人公を含むブラックロッジのボスと幹部は機械仕掛けの神となるロボットを使い戦います

ロボットという機械でありながら魔法を使っての戦闘

良いじゃないか(−ω−)

幹部達のロボットも中々味がある

それで注意なんですがやるならPS2版の機神咆哮が良いです
プレイしたのは3,4年前くらい前で2週間くらい前にやり直すてことでPC版買ってやってみたんですがこれが酷くて酷くて・・・

声が全然無いです  PS2がむっちゃ増量したのだろうか
幹部達の声無しは酷い・・・  幹部には若本や中田や矢尾がいるんですよ それが無いなんて盛り上がりに欠けます  サブキャラも全滅

ですので演出面重視でPS2版を断固進めます  あっちなみに18禁のほうが優先て言うならPC版でもどうぞ  お勧めしないですが

普通にあったよOVAのやつ(−−;)
とりあえずこれを見てからで


視点はこの都市にスクープを求めてやってきた記者でこの事件後都市を出ていったぽいです 本編には出番無し

では(−−)ノ
0

2010/7/19

見ごたえある海外ドラマ  特にお勧め作品

今日は特に気にいってるやつでも

(−−)つクリックすると元のサイズで表示します

Xファイル  全201話+映画2本

ドラマですのでちゃんと1話45分ですよ(−ω−)

どんなドラマでもこれくらいの本数はやってほしい  
10、11回で終わらせるなどふざけるな

連続で全話見るとなるとまず
45分×201話で9045分 1日が1440分ですので

6日と6時間45分+映画2本で4時間 ヾ(−−)ノ

素晴らしい

内容はFBI所属の優秀だけど変人扱いされている主人公と医者でもある同僚というか相棒といっしょに様々な超常現象を解明していく話
これは9シーズンに分けられていて1シーズン20ちょいでありシーズン毎の最初と最後の2〜4話以外は基本1話完結型です
本来の話であるのは主人公の妹が幼い時に宇宙人に拉致されていてさらに宇宙人の存在を政府が隠していたりするのでそれを暴こうと孤軍奮闘する話

軍隊に掴まったり拷問うけたり政府の組織に薬物打たれたり1話完結の話のほうで化け物や幽霊や精神が異常な人や突然変異したなにかに襲われたりしていくら酷い目にあってもまったくめげない主人公になにか愛着が湧く(−−)  根性というより執念で動いてます

1〜3話くらいだとう〜んて思ったりすると思いますが何度か見るとどんどん見たくなってくるドラマですよ

ちなみに自分は1日1話でゆっくり楽しんでます(−ω−)(実はまだ全部見終わってない)

では(−−)ノ
0

2010/6/6

歴史ある戦乱ファンタジー  特にお勧め作品

今日は特にお勧めでも

(−−)つクリックすると元のサイズで表示します

ジェネーションオブカオスネクスト  
三国志や信長みたいな戦略シュミレーションです +RPG  
でもそんなに難しくは無い

これは派生が多いですよ〜(−ω−)

主にがPSにあったスペクトラルシリーズとPS2のジェネレーションシリーズさらにジェネレーションに出てくる武将の1人が主人公のとかメインストーリーの何百年前、後の話とかその他含めての全部合わせてネバーランドシリーズ

派生しまくっておりだいたい30作品くらいありますヾ(−−)ノ  ストーリーは当然大雑把もあれば完全にも繋がってます  
無関係のほうが珍しい

なんでネクストである2作目からと言うとこれは1を↑の写真のキャラのストーリー追加してシステムの不便なとこを改善しただけのいわばリメイクしただけなんで1は無視しても特にファン以外は問題無いと思います

このゲームはメインの主人公含めて25の国から好きな君主を選んで隠しを含む91の土地を奪いながら他の国を殲滅すれば勝利です

メインの主人公のみRPGのシナリオクリアができます

このゲームは一部の土地が探索できて4人までのパーティでRPGとして探索でき武将を強化できます

シュミレーションでは1人の武将が兵士を49人つれて4人構成の1部隊200人で組め最大200対200がリアルタイムで戦います

まぁ2Dなんですが(−−)   紙っぺらいよ〜(´・ω・`)
まぁ1人でどうにかする三国無双よりは自分は良いと思ってますけど

4部隊動かせるので1回の戦争パートで結果的には800対800になります

自分がこのゲーム気にいったのはファンタジーであってか兵士の種類が豊富だからです

ウォリアー(戦士)
ソルジャー(見習い兵士)
足軽(サムライ)
マーセナリィ(傭兵)
ナイト(騎士)
ブァルキリー(女騎士)
アマゾネス(女戦士)
忍(忍者)
デモンナイト(魔族の戦士)
マジックユーザー(魔法使い)
ウィザード(魔物の(猫)魔法使い)
エンジェル(天使)
プリースト(僧侶)
モンク(坊さん)
ゲコ・ソルジャー(カエル兵士)
ゴブリン(そのまんま)

ネクストはこの16種 でも3や4だとドラゴンや人魚、ゾンビなど30種くらいヾ(−ω−)ノ

4あたりからはアイテムで変更できますけどネクストは武将によって率いる兵士が決められてるのが残念
つまり武将が強くても兵士が弱いやつなら弱い武将相手でも強い兵士を率いてるのはキツイて展開もあります   
まぁそこはほぼバランス取れてるので細かく気にすることはなかったです

天候、地形で弱くも強くもなりますから

あと武将が500人くらいありますがみんなプロフィールを持ってるのも良いとこです

全作品合わせると登場キャラは1500〜2000くらいいる素晴らしさ
もっといるかな?

多いことは良いことだ  決してステータスが違うだけの同じ顔で武将A、Bという手抜きは許さん

ネクストは魔道世紀と呼ばれる歴号で1030年の話です
PSのスペクトラルフォースが997年で第1次ネバーランド大戦でやってネクストは第2次大戦にあたります

つまりなにが言いたいかというと先にスペクトラルフォースをやると楽しめるてだけですが(−−)

ネクストはスペクトラルに出てきた武将の息子とかが戦うので歴史を感じます
前大戦の生き残りや亡霊、長寿てことで容姿がほぼ変わらずの魔族キャラとかも出て話は白熱   
混沌の戦いを楽しみましょう(−ω−)

長文になったからメインストーリーのあらすじは省略します(´・ω・`)

OP兼メインヒロインの声優は水樹奈々


では(−−)ノ
0

2010/4/26


今日は小説の中で自分が1番気にいってるやつを

(−−)つクリックすると元のサイズで表示します

はっぴぃセブン  全21巻(1部6巻 2部9巻 3部3巻 4部3巻)

自分がVJの広告で見かけてなんとなく憶えてたのをブックオフでたまたま見つけたのが始まり
これを読んでからは字ばっかで嫌だて思ってた小説を好きになって今では面白そうなのは見つけ次第読む乱読状態になってます。

作者はいろんなアニメ、特撮の脚本をやっている川崎ヒロユキ

子供の時から不幸だった主人公がとある日に会った少女達

その少女等は神霊力という力を使い変身して戦う戦闘集団 はっぴぃセブンであり主人公はその出会いから 禍ツ神(まがつかみ)という人々に不幸をもたらす邪神達との戦いになる話

七福神をモチーフにしているのでヒロインは7人+@(今後増えていく)です
まぁ仰々しく紹介しましたが主人公のハーレムラブコメですね

サクラ大戦のような感じですね(前半 日常 後半 戦闘)
戦闘はちゃんとしてるのでまったく軽い話てわけでもなくバランスが良いです

この小説は挿絵というかミニ絵がちょくちょくあり(文章が空いてるとこを活用)読みやすいです

あとアニメ化されてます  全13話
どういうわけか3部のとこ(16〜18)だけという初めて見る人にはなんのこっちゃ展開

何故1部からにしなかった(−皿−)

終わってしまうには非常に惜しかった作品だった(TдT)

では(−−)ノ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ