ストレンジモーターサイクル店主AD/tacのバイクにまみれた生活の日記です。 街乗りあんちゃん→峠小僧→エクストリームライダー→全日本モタード参戦→全日本エンデューロ参戦→全日本ハードエンデューロ(G-net)参戦しています。 2017年はBETA Xtrainer250で全日本エンデューロ#14 G-netハードエンデューロ#2で走っております。 毎週日曜はお店を休んでツーリングや初心者講習付きの走行会を行っています。

2010/12/30

リクルス オートクラッチ3 試走  パーツ

その2 取り付け
http://fun.ap.teacup.com/strange69/43.html#comment

早速乗ってきました。
場所は近所の河川敷のトライアル練習場っぽい所です。
軽いアップダウンと丸石、コンクリの小さいステアって感じです。
皆でトライアル練習だったのですが、俺が撮影係だったので自分の画像はありません。

初乗りの感想は「半クラうめぇ!」って感じです。
普通に乗る分にはクラッチレバーは全く必要ありません。
それどころか、クラッチを使うと滑ってフロントアップがし難い路面でもリクルスに頼ると簡単にフロントアップ出来たりします。もちろん、左手がクラッチ操作をする事無くハンドルを引き上げる動作に集中出来た事によるプラスもあるでしょうが、確実に俺よりクラッチ操作が上手いです。ちょっとショック・・・

純正ファイナルが14−50、俺のYZは13−48なので一丁ショートですね。
そのファイナルで5速でごく普通にスタート出来ます。スクーターみたいな感覚です。
登り坂をゆっくり登ってみても、実に微妙な半クラ操作をしてくれます。
どんな場合でも回転が下がれば即座にクラッチを切ってくれる為、全開から突然リアをロックさせてもエンストしません。と言うか、転倒でオーバーフロー以外でエンストするシチュエーションが思いつきません。凄く楽が出来ます。
フロントアップも超簡単です。ボディアクションしながらアクセル開ければ絶妙なタイミングで繋いでくれるので、誰でも簡単にあがります。
ガレ場は無敵です。確実に楽で速いです。

但し、低回転からの加速時は常に半クラ状態になる為、常にクラッチが滑ってる様な感触があり気持ち悪いです。クラッチの減りも心配なので近いうちに状態を確認してみます。

それと、極低速で滑りやすい路面をソロソロと走る時に、アクセルを開けてクラッチがつながる瞬間に一瞬ドンと出るので、慣れないと制御が難しいです。これは、リアブレーキを踏みながらアクセルを開けて、常にクラッチを繋がりかけた状態にしてスピード制御はリアブレーキで行うという方法で何とかなりそうです。この辺はスクーターのジムカーナみたいですね。

河原での初乗り感想をまとめると
メリット
@フロントアップが楽(俺より上手い・・・)
Aエンストしない
Bガレ場無敵
C誰でも乗れる

デメリット
@極低速の繋がるか繋がらないかのコントロールが難しい(要リアブレーキ)
Aクラッチ減りそう
Bデカめのステアはオートだと厳しいかも(要マニュアル操作)
Cステアを超えた後にアクセルを完全に戻すとリアが残ってしまうかも
D操る楽しみが薄れた

特にメリットのC「誰でも乗れる」が凄いです。
エンストしないし3速スタートだと加速も緩やかなので、ハイパワーマシンに慣れてない方にも安心して乗って貰えます。足つきさえ何とかなればマシンを選ぶ幅が凄く広がると思います。アクセルストッパーを付けてパワーを落とせば初心者でも450乗れると思います。
初心者ほどお勧めですね。

デメリットD「操る楽しみが薄れた」もでかいです。
簡単過ぎるし、マニュアルクラッチの「俺が操作している感」がだいぶ削がれます。
それと、クラッチ操作を忘れる事はありませんが成長は止まります。
こればかりは解消出来ない一番のデメリットですね。

但し、左手ブレーキを上手く使えるようになれば新しい乗り方が模索できるかな?と考えています。エクストリームバイクもハンドブレーキが主流になってから乗り方も技も完全に進化しました。この「オートクラッチ+左手ブレーキ」を使う乗り方をこれから色々考えて行こうかと思います。

個人的には、どうせクラッチなんて後10年ソコソコでなくなってモーターになると考えて居ますので、その予行練習にも良いかなと本気で考えています。

Shinyoちゃんも電動マシンでMX出てますしね(しかも勝ってる!)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinyosano/1405416





info@strange-mc.com
http://www.strange-mc.com/store



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ