このブログの進め方  方針・おしらせなど

・このブログの進め方などについて。


 てきとーにやっております。

 

日本、台湾、香港、韓国、中国大陸、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、インドネシア等の農業用運搬車や古いバスについて情報をお持ちの方、ご教示頂けましたら幸いです。
0

2017/11/26

西武バス感謝祭 三角バス  古いバス

 2017年11月12日に新座で開催された西武バス感謝祭に行ってまいりました。念願の三角バス展示を撮影できました。今でもエンジンはかかる状態だとか。

クリックすると元のサイズで表示します

 狭いトンネルを通るための特徴的な断面がわかります。

クリックすると元のサイズで表示します

 視点を下げてみるとこのイメージは強調されるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

 キャブオーバーエンジン。で、よくみると前面の車幅が狭いので方向指示器が飛び出しています。

クリックすると元のサイズで表示します

 入り口付近は直線的なライン。

クリックすると元のサイズで表示します

 側面から。やはり小さい印象。昔のバスは階段を登って乗った感じでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します

 後部は丸い。この辺はボンネットバスに似ています。

クリックすると元のサイズで表示します

 反対側から。ドア側を順光にするとはさすが手馴れた展示です。

クリックすると元のサイズで表示します

 キャブオーバーバスですので「お釜」がデンと居座ります。

クリックすると元のサイズで表示します

 シフトレバーはお釜から突き出ている訳ではないので、多少チェンジをやりやすいのかな。

クリックすると元のサイズで表示します

 運転台上部には天窓があります。

クリックすると元のサイズで表示します

 反対側。ここに窓がついています。多少見通しが良くなるのかな。

クリックすると元のサイズで表示します

 窓はいわゆる「バス窓」。ここは優先座席かな。

クリックすると元のサイズで表示します

 ここは車掌席。車掌さんに「降ります」と伝えてベルを鳴らすのかな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 車掌席は折りたためます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 木造の床が続く構造も見られなくなってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

 床置きのヒーター。

クリックすると元のサイズで表示します

 初代三角バスはボンネット式でした。

クリックすると元のサイズで表示します

 名残惜しくもう一枚。

クリックすると元のサイズで表示します

 キャブオーバー式ですので、床下にはドライブシャフトがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

 奥のほうにリエッセが止まっていました。だいたい同じくらいの需要の路線に使われる感じなのかな。

クリックすると元のサイズで表示します

 これも車両?

クリックすると元のサイズで表示します

 こんな設備が見られるのも公開日ならでは。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ