2015/1/4

ロータリーエンコーダーは、回転円盤上に分度器のように刻まれた  

ロータリーエンコーダーは、回転円盤上に分度器のように刻まれた目盛り線をセンサーが検出して角度位置信号を出力する。目盛り線の間隔を細かくすれば、角度をより高分解能に計測できるが、角度位置信号には、「目盛り線のずれ」や「回転軸の偏心」「軸ぶれ」などを要因とする角度誤差が含まれている。 私たちはこれまでに、ロータリーエンコーダー自体が、これらの角度誤差を生む要因を評価し補正する「自己校正機能付きのロータリーエンコーダー(SelfA)」を開発し、角度の計測と制御の高精度化を推し進めてきた。 電気自動車などの動力モーターや風力発電機の回転軸が軸ぶれを起こすと、燃費や効率の低下、振動やノイズの発生、さらに長期的には機器の故障を招いてしまう。また、工作機械の回転テーブルの軸ぶれは、製品の品質低下につながる。 【単純な構造】 これまで、軸ぶれの定量的な評価は、静電容量センサーやレーザー測長器などの検出器を外部から機器の回転軸近くに設置し、長さの変位量として計測する方法に依っていた。 私たちは、最近、軸ぶれの要因を角度誤差から分離して定量的に評価する新しい手法を確立した。この手法を実用化するため、SelfAを製品化したエ・モーションシステムと共同で、新しく「軸ぶれ検出機能を持つロータリーエンコーダー(SelfA+)」を開発した。 SelfA+の構造が従来のロータリーエンコーダーと異なるのは、センサーの数を増やして複数個を等角度間隔に配置してあるという点だけであり、いたって単純な構造である。しかし、従来のような長さの変位量ではなく、それぞれのセンサーが検出する角度情報のわずかな角度の変位量から軸ぶれを評価するところがユニークである。また、機器の改造を行うことなく、既に回転軸に組み込まれているエンコーダーをSelfA+に入れ替えるだけで、軸ぶれの定量的な評価が可能になる。 【100ナノ以下検出】 エ・モーションシステムがSelfA+本体の試作を担当し、産総研側がSelfA+の性能を評価することにより、100ナノメートル(ナノは10億分の1)以下のなた豆茶の微小な軸ぶれを高精度に検出できる製品が開発された。エ・モーションシステムは従業員十数人の中小企業であるが、高い技術力と迅速な判断力を持っており、産総研との共同研究を通じて短期間でSelfA+の実用化に至った。 今後は、SelfA+の普及を図るため、モーターや工作機械メーカーを含めた総合的な共同研究を推進したいと考えている。  ◇産総研計測標準研究部門 長さ計測科 上級主任研究員 渡部司 角度の国家標準器の製作を任されたとき、世界には統一された原理に基づく標準器が存在しないことに愕然(がくぜん)とした。その分、なた豆歯磨き粉の前例にとらわれない自由な発想で研究開発を行うことができた。現在、ロータリーエンコーダーSelfAが角度の標準器として世界に普及し始めている。家庭でホールケーキを切るときもSelfA角度標準器で、そんな身近な角度標準の実現を目指している。 (木曜日に掲載)
0

2011/8/23

今では注目度ナンバーワンですよね  

最初、この資格制度が始まった時、何だか不思議な気がしました。占いみたい、とまでは言わないけれど、国が定めるほどの資格なのかしら? と、思ったんでしょうね、きっと。それは気象予報士の資格なんです。第1回目からそうでしたが、今でも難易度の高さにかけてはピカイチの国家資格ということで、合格者への注目度はバツグンですよね。ただヘソマガリの私としては、気象予報士として活躍中の某俳優さんの「雲を見るのが好き」発言に、気象予報士さんたちは首が痛くならないのかな? 何だったらとっておきの川崎の整体紹介しちゃうけど...なんて全然方向違いで、余計なお世話なことを考えてたりしています(笑)。
0

2011/7/5

高収入在宅ワークで稼ぐコツ公開中!  求人

女性が活躍する事務のお仕事。その事務のお仕事で他の人と差をつけたいというあなたにとっておきの資格取得情報です!
事務に関係する資格といえば、医療施設で働ける医療事務、会計に関する簿記や、パソコンに関するマイクロオフィススペシャリスト。他にも取得するのが困難ですが、国家資格の行政書士などがあったりします。
どれも通信講座で学習できる資格ですから、資格取得に興味のあるあなたは評判のニチイやユーキャンの資格講座を申し込んでみてはいかがですか?
0

2011/7/5

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ