2009/8/7

不妊原因の一つ  不妊治療

不妊原因の一つ

不妊症の原因の1つに「着床障害」というものがあります。着床とは妊娠の最終段階で、ここに問題があるといくら精子が元気でも、いくら質の良い卵子を作れていても、不妊になります。精子に異常はない。また、卵子にも異常はない。そして、それらが通る卵管にも異常はない。でも妊娠できない。そのような場合は、着床障害の可能性があります。正しい知識を持って、着床障害に対処するようにしましょう!

着床とは、受精卵が子宮内膜に根付くことです。簡単に言えば、「精子と卵子が結び付いてできた受精卵が、女性のお腹の中で成長する準備を完了させること」です。その着床が何らかの理由で上手くいかず、受精卵が子宮内膜に根付けないことを着床障害と言います。


着床障害の原因は、色々なものがあります。子宮奇形などのように子宮の形に異常があって着床障害になることもありますし、子宮内膜ポリープなどのように子宮内のできものが原因で着床障害になることもあります。様々な要因が着床障害の妨げになってしまいますので、一概に「着床障害の原因はこれです!」と断定することは出来ません。

0

2009/8/7

不妊の段階別に正しい知識  不妊治療

不妊の段階別に正しい知識

生理周期の異常生理周期の異常について詳しく解説します。生理周期が乱れると、不妊症の疑いがあるなど「体内で何か異常が起こっているかもしれない」というのは、みなさんご存知のはず。しかしながら、実際に生理周期が乱れても「ま、大丈夫でしょ・・・」などといった感じで、何も対応していないのが現実かと思います。

もちろん、すでに不妊症の自覚があって不妊検査・不妊治療を受けているのなら話は別でしょう。しかし、まだ不妊症かどうかも分からないし、不妊の自覚がない段階では、生理周期の乱れを軽く考えている女性が少なくありません。では、まず正常な生理周期についてですが、正常な生理周期とは28日から35日の周期です。

若干のブレはあるものの、毎月決まった日にち頃に生理が来るのが正常な生理周期というわけですね。そして、次に、不妊症の疑いがある場合は非常に気になるであろう「異常と思われる生理周期」についてですが、生理周期が短いということは、生理間に行われるはずの「排卵」をしていない可能性があります。排卵をしていなければ受精卵を作れませんので、当然ながら妊娠することが出来ない・・・つまりは、不妊症ということになります。
0

2009/8/7

セックスボランティア先進国のオランダ事情  セックスボランティア

セックスボランティア先進国のオランダ事情

セックスボランティア先進国、オランダの事情を調べてみました。「SAR(選択的な人間関係財団)」という団体が、自分ひとりでは性欲を処理できない障害者に対して、セックスや、場合によっては添い寝などの相手をセックスボランティアとして有料で派遣しています。この団体は1980年代前半に障害者によって設立されました。1年間で、のべ約2000人の人が利用しており、オランダ以外の国の人の利用も増えてきています。各データを以下に記述します。

利用者比率
知的障害者:約6割
身体障害者:約4割
(精神障害者については、利用もありますが、数は少ないとのことです。)

利用者の性別比率
男性:9割
女性:1割以下

サービス提供者の性別別人数
女性:13人
男性:3人。
(レズビアンやホモのセクシャル用の介助者もいるといいます。)

サービス費用
基本:1時間半で73ユーロ(約11,242円、1ユーロ154円換算)。
片道100キロを超える「出張」の場合、86ユーロ(約13,244円、1ユーロ154円換算)障害者の自宅や施設でセックスボランティアをしますが、サービス費用のうち、4ユーロがSARの運営資金になり、残りがサービス提供者の収入となります。
1

2009/8/7

セックスボランティアについて  セックスボランティア

セックスボランティアについて

昨今、障害者の性に関する記事をよく目にします。そこで少しこの障害者の性について、考えてみたいと思います。性欲というものは、非常に重要な要素であり、本能です。しかし、障害者にとっては、その障害ゆえに性欲、それを満たすことに対して問題や制約をもつという点で、特に重要なものとなります。

身体や知的に障害を持つ人たちでも、健常者と同じく「恋人がほしい」「結婚したい」という願いがあり、当然、性欲・性への要求があります。ただ、現実には、障害というハンディキャップのため、健常者に比べて、それらの欲・願いが満たされる可能性が低くなってしまうことを想像することは難しくありません。

世間では、障害者は「爽やかなものに打ち込む人間」「聖職者のような高潔な人間」という偏見が強いように感じます。障害者は欲望を持ってはならず、恋愛やセックスのことを語ることなどもってのほかで、静かに生き、そして静かに死んでいくべきであるという風潮があるのではないでしょうか。もちろん、そういう生活を自ら送っている障害者もいると思うのですが、障害者を認めるなら、性欲や恋愛への願いを持つ障害者がいてはいけない、とすることはできないように思います。そこで、セックスボランティアが必要です。
0

2009/8/7

きれいの裏技  おっぱいのブログ

きれいの裏技

おっぱいの真の魅力は露にならないとわからないはずだが、まわりの人間は服の上から大きさや形を推し量ることである程度推測してしまうものである。そんな視線にさらされなければならない女性は大変なわけだが、それを逆手にとっておっぱいをよりきれいに見せることもできる。そんな裏技がけっこうあるもの。

補正下着
おっぱいをきれいに見せる裏技としてはまず補正下着が上げられるだろう。これを着けるだけでおっぱいのサイズがアップしたり、垂れていたり、崩れていた形が整えられたり、見違えるほどの効果が現れる。

姿勢
裏技にはほかにおっぱいをきれいに見せる姿勢というものがある。基本的には背筋を伸ばし、正しい姿勢をするだけだが、意外に効果がある。また、猫背などのせいで縮こまって移植してしまった筋肉が刺激され、おっぱいを上に引っ張り上げる効果も望める。

裏技はさまざま
ほかにもおっぱいを大きくするツボなど、裏技はさまざまある。きれいなおっぱいを手に入れたい女性はこれらの裏技を日常生活の中で試してみるといいだろう。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ