主にスパロボ好きがゲーム、映画、適当なことを書いていきます               
                                ご覧のとうり犬マユファンでありJAM projectファンでもあるので好き勝手にやりながら燃えるものを探求してます(−−)               しかし、ただ暑いor暑くるしいってだけのは嫌いです

2017/12/11

記録946  記録的ななにか

今日はウルトラマンジードの22話
仮面ライダービルドの14話
メガレンジャーの最終話(51)
電磁戦隊メガレンジャーVSカーレンジャー
星獣戦隊ギンガマンVSメガレンジャー
仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー
仮面ライダーゲンム PART.T、U「レジェンドゲーマー・ステージ」 を見ました

ジードそろそろ決戦ですね M87光線を英語読みか〜 25、6話で終わりかな?

ビルドは決別回か  昨日劇場版の内容が14話後て言ってたけど今回の内容がその前にならないと辻褄が合わなくてAパートの後に劇場版→Bパートてなるのが丁度良い感じかな

ただ歴代の仮面ライダーでありそうで無かった展開だけどこれは本来やってはいけない事だと思うんだ 初代からのファンの人たちはこの状況どう思うんだろう

メガレンジャーは終了

熱い手のひら返しで普通に終わりましたね

これで90年から05年までの戦隊を綺麗に制覇したことになるのでスッキリ 昭和のも埋めていって現在のに追いつきたいですね

カーVSメガは思ったより良い内容

ボーゾックとは関係ない暴走族宇宙人とネジレジアにヒーローの三つ巴で敵同士の対決や洗脳されたカーレンジャーとの同士討ちもあって40数分の短い時間で詰めてきた

最初はいつものふざけ具合だったけど合流するとカーレンジャーはちゃんと先輩というか大人らしく引っ張っていって真面目だった

ただ暴走族の怪人あれ服装や武器からしてギンガマンのサンバッシュの元に見えたぐらい似てた 着ぐるみ流用したのかな?

メガテクターていう強化フォーム出たけどなんで本編で使わなかったし・・・

ギンガVSメガは90年代のVSシリーズでは1番濃密かも

他のVSシリーズと違い主役であるギンガマンもテレビ本編終了後の話になっていてメガレンジャーとセットで後日談

エイハブ船長の義兄弟やシボレナの同型機(役者同じ)が相手だったけどバルバンがエイハブ船長含めて幹部全員復活とは

本編で最後どこいってたと思ってたビビデビの件も触れて補完しこれでネジレジアとも完全決着

決戦時なぜかバルバンの怪人も20人くらいいきなり出てきて初代仮面ライダーの劇場版みたいにみんな何故か高いとこで一列に並んで名乗ってた(−−)

30人くらいの乱戦になって結構派手だったものの再生組みはエイハブ船長含めて雑に撃破されたのがネック

雑に倒すのがなければ最高だったのに惜しいVSシリーズだったな〜 まぁこれも40数分しかないですからね

平成ジェネレーションズは面白い予感がしてたのですが最高と予想以上の面白さでした

最初ジードのライハの人にあの監督の組み合わせで先行き不安でしたが途中いつもの剣捨てたら拳法みたいなアクションになり結構綺麗でしたね

分けてるわけではないですが前半後半のように激戦が2度ありどちらも良かったですね

ドライブの後日談もありウィザードとゴースト 鎧武だけは声だけ?参戦でちゃんと1人1人幹部クラスと対決して決着で良い戦いだった

自分の好みとしてはプロレスラーで龍が如く6にも出た棚橋がドライブと好きなもの同士対決が愉快

昨日見たジェネレーションファイナルでゴーストが言ってたことも回収しましたがこれも繋がってたとはね(−−)

エグゼイドの本編でむっちゃ触れてたことがこの映画の件だったのはショック 中盤で明かされる事実がこの劇場版で大ヒントな伏線だったとはな〜

仮面ライダーゲンムはエグゼイドのサブライダースピンオフで無料で見れるのがこれくらいだったので

ちょうどお気に入りのだったから良かった

パックマン後の話になっているけど特別編だから特に本編とは関係無い感じですね

平成のレジェンドライダーに変身したり偽物と対決するて内容だけどパックマン含め他のファミコンゲームの力使って戦う面白い回

本当にそのゲームのBGMにSE使いながら画面もそれ風に対決と変に懲りすぎww

ただ終わりのパート3だけDVD買えと・・・  最後は太鼓の達人でシルエットがモロ響鬼だったな(−−)


ドラクエ9はルイーダを迎えに洞窟に行くとこまで

特撮ばっか見てて休みの日だというのにほとんどやれてなかった・・・

遊戯王はマリク虐め

普段通りですね

では(−−)ノ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ