2011/10/14

【京都】府警巡査部長の妻、夫のDVで被害届提出。上司が本人に口頭注意  

 京都府警下鴨署の地域課巡査部長(54)の妻(53)が「夫の暴力でけがをした」として 自宅近くの右京署に被害届を出したところ、同署から連絡を受けた下鴨署がその日のうちに 巡査部長本人へ伝えていたことが分かった。  妻には、巡査部長の親族から被害届の取り下げを求める電話がかかってきたといい、妻は 「二次被害の恐れがある」として両署に抗議した。  両署によると、妻は巡査部長から6月23日と7月4日に暴力を受けたとして、同月9日 午後8時頃、右京署に被害届を出した。下鴨署は同10時頃に右京署から連絡を受け、直後に 巡査部長に事実確認の上、口頭注意した。  妻にはその1時間後、携帯電話に巡査部長から着信があり、親族からも「被害届を取り下げて ほしい」と電話があったという。翌日、妻は「なぜ夫に伝えたのか」と両署に抗議した。 京都府出会い
0

2011/10/6

【青森】本物どっち? カーネル・サンダースそっくりさんが観光PR  

◇本物どっち? カーネル・サンダースそっくりさんが観光PR どっちが本物!? 世界80カ国以上にチェーン店を展開するケンタッキー・フライド・チキンの 創業者、カーネル・サンダースのそっくりさんに出会った。五所川原市の家具店社長 小田桐久さん(60)。9日はカーネル・サンダースの誕生日で、今年は生誕120年に当たる。 周囲の注目が集まるのは必至で、何かと話題を呼びそうだ。 取材先の紹介を受け、「カーネルおじさん」のふん装をした小田桐さんに会った瞬間、 吹き出してしまった。面白いほど似ている。白髪に白い口ひげ、堂々とした体格と 優しい表情。まさに、あの人形とうり二つだ。 白いスーツはオーダーメード。「カーネル人形」の眼鏡を製造する福井県鯖江市の眼鏡店から、 人形と同じ眼鏡も取り寄せて、すっかり本人になりきっている。眼鏡のデザインは昨年9月、 大阪・道頓堀から引き上げられたカーネル人形に同店が贈ったものと同じだ。 小田桐さんは約25年前から顔が「カーネル・サンダースに似ている」と周囲に言われていた。 昨年9月、中学校の同窓会で司会を務めた際、「面白い格好でみんなを喜ばせたい」と、 そっくりの衣装で参加。評判は上々で、強く意識するようになった。 折しも、今年はカーネル生誕120年と日本ケンタッキー・フライド・チキンの40周年。 小田桐さんは本物に敬意を表し、9日の誕生日に同社の本社(東京)への訪問を 打診したが、渡辺正夫社長の都合がつかず、当日の面会は先送りとなった。 同社は「カーネルの死後30年がたつにもかかわらず、親近感を持っていただけてうれしい。 機会があれば、ぜひお会いしたい」と歓迎している。 小田桐さんは「カーネルさん似ということで注目してもらえるのなら、地元の活性化にも 役に立ちたい」と思い描く。東北新幹線全線開業に向け、地元奥津軽の観光や 産業をPRし、町おこしに一役買おうと意気込んでいる。 [カーネル・サンダース]1890年9月9日、米インディアナ州生まれ。「カーネル」は ケンタッキー州に貢献した人に贈られる名誉称号で本名はハーランド・デービッド・サンダース。 さまざまな職業を転々とした後、フライドチキンをフランチャイズ方式で車に積んで巡回販売する ビジネスを開始。これがケンタッキー・フライドチキンの始まりとなった。1980年12月に90歳で死去。 ソース(河北新報) ▽写真 青森出会い
0

2011/10/4

【週刊韓(カラ)から】学歴詐称デマ騒動 韓国ネット界の悪質さ  

学歴詐称デマ騒動 韓国ネット界の悪質さ(産経) 米名門大出身の“知性派ラッパー”として、韓国で活躍するタブロ(本名イ・ソンウン)。 韓国の悪質なネットユーザーたちに学歴詐称のデマを執拗(しつよう)に流され、活動が中断に追い込まれている状態だ。 タブロは韓国の資産家の息子で人気歌手。美人女優の妻との間に1児を授かり、幸せな家庭も築いている。 デマ騒動は、富も社会的名声もすべてを備えたタブロに対する嫉妬(しっと)心から起きているようだ。(ソウル 水沼啓子) タブロは、ヒップホップユニット「エピック・ハイ」のメンバーで、米国の名門、スタンフォード大学を優秀な成績で繰り上げ卒業していることが、2003年のデビュー当時から話題となった。 昨年11月以降、悪質なネットユーザーらが、何の根拠もなく「学歴を詐称している」といったうわさを、ネット上に流していることが問題となっている。 タブロ側が大学が発行した成績証明書と公式の確認書を公開しても、ネットユーザーたちは「スタンフォード大学の卒業名簿にダニエル・リー(タブロの英語名)の名前がない」「証明書が偽造されている」と主張し、堂々巡り。 タブロに対する個人攻撃もますますエスカレートしている。 タブロは今年4月、学歴詐称疑惑のうわさを流したネットユーザー1人を名誉棄損の疑いで告訴した。また8月にはほかのネットユーザー22人も告訴し、韓国警察が捜査中という。 ただ、こうしたネットユーザーたちは国外のインターネットアドレス(IP)や他人のIDを盗んで使っているケースが多いため、身元の確認が難しいのが現状という。 >>2以降に続く
0

2011/10/3

【埼玉】同じ女子中学生を買春 容疑の会社員2人を逮捕  

埼玉県警大宮署は2日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、神奈川県厚木市恩名、 会社員池田圭示容疑者(31)と、さいたま市南区松本、会社員古川岳志容疑者(47)を逮捕した。 逮捕容疑は両容疑者とも5月9日、さいたま市内の別々のホテルで、中学3年の女子生徒(14)に 現金1万5千円を渡してわいせつな行為をした疑い。 2人とも「年齢が若いとは知らなかった」と容疑を否認している。 大宮署によると、2人は女子生徒と携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合ったという。 ソース 産経新聞 埼玉de出会い
0

2011/10/2

【芸能】腕立て伏せにワイヤーアクション? 南野陽子が「スケバン刑事」の秘密を暴露  

 「おまんら許さんぜよ!」と聞くと今は坂本龍馬を思い浮かべるかもしれないが、 これは二代目スケバン刑事、麻宮サキの決め台詞である。 その麻宮サキ役でブレイクしたのが歌手の南野陽子だ。  1985年にシリーズ第2弾の『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主演した南野陽子は当時18歳だった。 このスケバン刑事が子どもから大人までにうけて大ブレイクし、以降も彼女は歌手としてヒット曲を連発するのだ。 「楽園のDoor」が1987年にオリコンで1位を獲得するとなんと立て続けに8曲が連続で1位となるほどの人気だったのである。  今もタレント、デザイナーとして活躍する南野陽子が福岡のテレビ「ナイトシャッフル」(FBS)に登場して、 アイドル当時の裏話を披露してくれた。 スケバン刑事というと悪の組織相手の格闘シーンが見ものだが戦隊モノではないので、 当然南野陽子自身もアクションをすることになる。  ところが彼女は大の運動音痴で「マットの上で前転もできなかった」というのである。 しかし、撮影では後ろで爆発する火薬にあわせて、吹き飛ばされながら受身をとるシーンなどもあるのだ。 彼女は「地面の上で、しかも飛び込み前転ですよ」と当時を思い出して呆れていた。 何度もNGを出しながらようやくアクションシーンを撮り終えたというが、やればできるものなのか?  ほとんど気合で乗り切ったといえるだろう。  そして南野は驚くべき事実を明かした。 「先代もダメだったんですよ」と初代スケバン刑事の斉藤由貴も運動音痴だったと言うのだ。 けっこう派手なアクションもあったのに2人ともよくこなしたものである。(続きます) ソース:Techinsight Japan 福岡出会い
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ