二谷友里恵さんの紹介  プロフィール

二谷友里恵さんは、お亡くなりになられた俳優の二谷英明さんとお亡くなりになられた女優の白川由美さんのご長女です。慶應義塾大学文学部をご卒業後、女優としてご活躍されていたのは皆様もご存知のことと思われます。

その後、「YURIE NITANI」ブランドを立ち上げられ、デザイナーとして実業家としてご活躍され話題になりました。

現在は、ご主人が創業された家庭教師会社「家庭教師のトライ」の代表をされていらっしゃいます。その他にも多方面にビジネスを展開されていて、多くの女性から憧れの存在となっています。

※このブログは、二谷友里恵さんご本人・関係企業には一切関係がない私的なファンブログです

 

メイソンジャー・サラダ  ブランド

初めて、「メイソンジャー・サラダ」なるものを目にしました。実物ではなくて、写真で、ですが。この”メイソンジャー”は、瓶の名前だそうです。”メイソンジャー”に入れたサラダという意味だったのですね。その見かけは「アメリカン」でした。日本もここまできたか…という感想さえ抱きました。海外で子供のランチにジップロックに入れたサンドイッチを持たせる感じに雰囲気が似ています。さて、この瓶詰の野菜は、空気の量が限られるので五日間くらいはサラダの鮮度が保たれるのだそうです。これを職場にも!と紹介文にあったのでぎょっとしましたが、一度思い切りふたを閉じた状態でシェイクして、その後お皿に開けて食べるのですね。ですから職場に瓶詰の野菜と紙皿かなんかを持っていくということになります。野菜が層になっているので、そのまま瓶のふたを開けてサラダをつつく場面を想像していので、これよりもずいぶん食べやすそうですね。朝の忙しい時に時間を短縮するために、作り置きをしておいてシャカシャカ振って混ぜて食べるという用途が一番魅力的です。メイソンジャーが手に入ったら一度試してみたいサラダです。100均で買えるビンで作ってみようかな?よその家のホームパーティーに招かれたときに持っていくとおしゃれでいいかもしれません。

 

二谷友里恵さんのお母様がお亡くなりになりました  ブランド

二谷友里恵さんのお母様である白川由美さんが、2016年6月14日にお亡くなりになられました。ご冥福をお祈り申し上げます。

近年は「家政婦のミタ」「ブラック・プレジデント」「ドクターX」などに出演され、重要な役どころを好演されていました。

 

二谷友里恵さんと家庭教師  家庭教師

二谷友里恵さんは、「家庭教師のトライ」の屋号で有名な株式会社トライグループの代表取締役をされています。「家庭教師のトライ」は全国を網羅した唯一の家庭教師会社で、売上規模・生徒数・教師数ともに日本最大の家庭教師会社です。ちなみに家庭教師のトライの創業者は二谷友里恵さんのご主人です。現在の同社のテレビCMにはAKB48のメンバーが出演していますが、その前のテレビCMは、亡くなられた二谷友里恵さんのお父様の昔の映像が流れるCMでした。

 

二谷友里恵さんのブランド  ブランド

「YURIE NITANI」ブランドは、アトリエサブなどを展開するマインドウインドの1ブランド「SOLO PLUS YURIE NITANI」として沢山のファンの支持を集めています。ちなみにマインドウインドは、二谷友里恵さんのご主人が代表をされています。

二谷友里恵さんのブランド
「SOLO PLUS YURIE NITANI」のSHOPリスト
・そごう川口店
・松坂屋名古屋本店
・大丸山科店
・大丸京都店
・大丸梅田店
・近鉄百貨店和歌山店
・ボンベルタ橘

 

家庭教師を探すには  ブランド

二谷友里恵さんは現在、家庭教師の会社の代表をされていますので、今回は家庭教師に関して書こうと思います。

「家庭教師」というとお金持ちが頼むイメージですが実際はどうなんでしょうか。私が中学生の時は家庭教師に習っていた人はクラスに1人くらいしかいませんでした。確率でいうと40分の1です。ネットの情報によりますと、塾の市場規模が約1兆円あるのに対して家庭教師は僅か500億円だそうです。家庭教師に習っている人は塾の約20分の1ということになります。

業界が塾のように大きな業界ではない為、教育大手や上場企業がなかなか参入しない為、怪しい業者が多いのが家庭教師の業界です。具体的には、とっても高い教材をお客さんに買わせる家庭教師業者や電話勧誘をしてくる業者などがいるようです。

そんな中で二谷さんの家庭教師会社は、「教材を販売しない」「電話勧誘をしない」会社ですので消費者としては安心できます。

 

二谷友里恵FANブログ  プロフィール

二谷友里恵FANブログです。憧れの女性、二谷友里恵について書いていきます。

[リンク]
PagerankExplore
犬サーチ
HPランキング



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ