ストレンジモーターサイクル店主AD/tacのバイクにまみれた生活の日記です。 街乗りあんちゃん→峠小僧→エクストリームライダー→全日本モタード参戦→全日本エンデューロ参戦→全日本ハードエンデューロ(G-net)参戦しています。 2017年はBETA Xtrainer250で全日本エンデューロ#14 G-netハードエンデューロ#2で走っております。 毎週日曜はお店を休んでツーリングや初心者講習付きの走行会を行っています。

2017/12/11

日野ハードエンデューロ  エンデューロ

昨日は群馬県の日野カントリーオフロードランドで開催された「日野ハードエンデューロ」に参加して来ました。

土曜日はミディアムクラスのマーシャルお手伝いで、主に丸太セクションでのぷちスクールと、ぴらふ返しでの引っ張りを担当しました。ミディアムクラスとは言え、皆さん上手だしやる気も有るし、レベルは高かったです。SUGO2daysでも、皆がこの位のレベルで周ってくれればコース造りが楽になるのになー、なんて不謹慎にも考えちゃいました(笑)

夜は、ロッシさんと二人でナイトエンデューロ(座学)で、主にマシンのカスタムとセッティングの方向性について解説させて頂きました。参加された方は是非参考にされて下さい。本当はエンジンかけて色々とやりたかったですね。色々な考え方が有りますが、僕は基本的に「レギュレーションの範囲内でやれる事はやる」タイプです。新しい変わったパーツもとりあえず試しますし、セッティングも極端に振ったりします。それによって理解出来る部分も大きいからです。
それでも、最近は「これが俺のスペシャルマシンだ!」という感じでは無くなりましたね。ポジションさえ有って居れば、サスペンションや燃調はノーマルの調整範囲でも問題無いです。あまりに自分専用に造っちゃうと、海外でレンタル車を借りる場合や、耐久レースで他人のバイクに乗る時に「こんなの乗れない」となっちゃいますので。
ポジションやセッティングに全く拘らず、雑なセッティングで乗ってるのもどうかと思いますが、あまりに神経質に「このカスタムでこのセッティングが最高!それ以外は乗れん!」と言うのも、セッティング変わっただけで成績ガタ落ちしたりと色々苦労すると思いますので、「これが好きだけど、そうじゃ無くても80%の能力は発揮出来る」位にしておくのが良いかな、と思います。

日曜日のハードクラスのレースですが、まずはとにかくコースが最高でした。一番最初に行ったときから比べると10倍位エリアが広がっていて、バリエーションに富む素晴らしいコースでした。開拓経験者として手間は理解出来ますので、本当にありがたく感じます。今年春のレースで有れた場所もちゃんと補修してあったり、苦労の跡が偲ばれるコースでした。
また、スタッフの皆さんも良いタイミングで動いてくれるので、致命的な渋滞は発生せず、運に左右されない良いレースだったと思います。僕はテストでRR2T300にxtrainer用frescoチャンバーという変則スタイルで出場したのですが、得手不得手がはっきりして面白かったですね。全体的に優しい特性になるので、沢やキャンバー、イゴイゴはメチャ楽で、沢は登りでも下りでも同一周回のライバルを何度も抜きました。逆に高回転のパワーは物足りないので、ヒルクライムは殆どエスケープで登った感じですね。RR2Tの高回転のパワー感に疲れちゃう方はちょっと試して見ても良いアイテムかもしれません。3時間の普通のXCでは、疲れないので成績が向上するかもしれません。税別41800円で当店でも販売しております。

成績は4周のロッシさん、藤田塾長にかなり離されて3周の3位/75台でした。腰を痛めてからハードエンデューロの練習は全くしていなかったので、良い結果だと思います。最近始めたワンコの散歩がてらの5qのランニングが効いているのかもしれません。
それよりも5位以内にBETAが4台というかなり偏ったリザルトでしたので、やはりハードエンデューロで上位を目指す人はBETAを選んでおけば間違いないですね。他人の褌で申し訳ないのですが、熊本悠太の全日本エンデューロランキング3位という凄まじい結果もあるので、スピードレースも視野に入れるのであればRR2T、ハードエンデューロはxtrainerでキマリだと思います。

タイヤに関してですが、今回はかなり迷った方が多かったと思いますが、昨日のコンディションでは沢や根っ子セクション等の低速系難所をスピードで誤魔化せる人はVE33、止まっちゃう人はゲコタだったと思います。
特に土曜のマーシャル時に感じたのですが、日野がいくらフカフカのヒルクライムが多いからと言って、ハードエンデューロの初中級者がハマるのは沢、岩盤、丸太、根っ子が多いです。特に、それなりに固めのタイヤを選んできて上記の低速系難所で一時停止しちゃう人は、再発進で苦労して体力を奪われて、ヒルクライムに辿り着いた時にはヘロヘロ、、、って感じに見えました。上記の低速系難所の再発進に強いのは間違いなくゲコタです。初中級者でなるべく楽に廻りたいならゲコタをお勧めします。

今週末は白井でBETA祭りです。
白井は山砂、岩、沢がメインなので、ゲコタかツーリストを強くお勧めします。
固いタイヤではかなり苦労しますし、場所によっては登れない所も有ります。MXタイヤでロードの練習をしても上手くなりませんし、トライアル車でMXの練習をしても上手くなりません。
まずはその場に適したタイヤで、バイクの挙動を覚えるのと、成功体験を積み上げてみるのも良いのではないでしょうか?
週末、参加の皆様をお待ちしております


info@strangemc.com
宮城県仙台市宮城野区日の出町3-1-26
TEL/FAX 022-766-9799
ストレンジモーターサイクル 代表 和泉 拓



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ