ストレンジモーターサイクル店主AD/tacのバイクにまみれた生活の日記です。 街乗りあんちゃん→峠小僧→エクストリームライダー→全日本モタード参戦→全日本エンデューロ参戦→全日本ハードエンデューロ(G-net)参戦しています。 2017年はBETA Xtrainer250で全日本エンデューロ#14 G-netハードエンデューロ#2で走っております。 毎週日曜はお店を休んでツーリングや初心者講習付きの走行会を行っています。

2018/2/15

納車スクールと週末の臨時休業  エンデューロ

先週末は、オフロードパーク白井で二日連続で納車&スクールをして来ました

クリックすると元のサイズで表示します


土曜日の方はKTM350EXC-Fからの乗り換えでしたので、主に2st車両の使い方をメインに実戦スクール、日曜日の方はCRF250Lからの乗り換えでしたので、トレール車とレーサーの違いと4stと2stの違いの講習をメインとさせて頂きました。

コチラの納車スクール&セッティングサービスの一環です

納車スクール内容ですが、おおよそ下記になります

まずは座学で
・車両のポジションセッティングの基本的な考え方
・サスセッティングの基本的な考え方
・4stと2stの違い
・乗車ポジション、シッティングとスタンディング姿勢
・ニーグリップは必要か否か
・ハンドルの握り方
・レバーやペダルの操作の基本
・コーナー時の足の出し方
・ステップ荷重の考え方、仕方(前後左右)

等々、その方のレベルに応じて、まずは言語化して理解して頂きます。
その後に、自分が安全に出来る場所で実践して貰いながら、より理解を深めて貰います


・そのバイクのエンストしないギリギリの回転数を見極める
・回転を上げない半クラの使い方
・ヒルクライムの考え方
・ダウンヒルでのブレーキング
・スロットルオンオフでのトラクションの変化(アンチスコートの理解)

他にも色々お伝えしたい事はありますが、とりあえずこの辺りがメインになると思います。




上記は、様々な先生や先輩から教わった「(オフロード)バイクライディングの基本」みたいなものをベースに、僕の経験をトッピングしたオリジナルレシピの様なものです。体格の差もありますし全ての方に当てはまるとは言えませんが、バイクの動きを理論的に理解する一助になるとは思っております。

20歳を過ぎ、普通二輪免許を取ってから乗り始め、ロードの草レースに出る様になったのは25~26位という遅咲きの僕でしたので、子供の頃から乗ってバイクを動かす術が身体に染み付いているライバル達と競るには、ある程度考えて乗る事が重要でした。もちろん、頭でっかちになっても上手くはならないので、頭で考えた通りにバイクを動かす練習は沢山しましたが。

MXもTRも競技経験の無い僕が、全日本エンデューロやG-netハードエンデューロでそれなりに走れているのは、この「まず頭で理解して、その動きを身体に覚え込ませる」と言う方法の成功体験が大きかったからかな、とは思います。


年齢が進むにつれて、後輩やお客さんに教える事が多くなり、より言語化して伝える事が重要と考える様になりまして、現在のスタイルになりました。
理論と言っても難しい話では無いので、小学校高学年程度の物理知識が有れば理解出来ると思います(逆に、子供さん相手に説明するのが苦手です)

特に、ある程度の年齢からオフロードライディングを始めようとしている方や、オンロード乗りが身についてしまってる方に特におすすめです。
僕自身も街乗り、ロードバイク乗りから始まったバイク人生でフォームの矯正に苦労しましたので、お気持ちが良く分かりますし、ある程度の矯正方法も分かります。


新車納車時に限らず、スクールは随時受け付けておりますので、ご興味のある方はマネージメント業務をして貰っているmotoradaまでご連絡下さい。
オン、オフ、モタード、ビッグバイク、ウィリーやドリフトなど、一通りのご要望にはお応え出来ると思います。


尚、今週末は浜松にてBETA新車の納車スクールです。
上記に伴い、土曜日を臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解をお願い致します

クリックすると元のサイズで表示します


















info@strangemc.com
宮城県仙台市宮城野区日の出町3-1-26
TEL/FAX 022-766-9799
ストレンジモーターサイクル 代表 和泉 拓



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ