ストレンジモーターサイクル店主AD/tacのバイクにまみれた生活の日記です。 街乗りあんちゃん→峠小僧→エクストリームライダー→全日本モタード参戦→全日本エンデューロ参戦→全日本ハードエンデューロ(G-net)参戦しています。 2017年はBETA Xtrainer250で全日本エンデューロ#14 G-netハードエンデューロ#2で走っております。 毎週日曜はお店を休んでツーリングや初心者講習付きの走行会を行っています。

2017/2/20

Xtrainer チャンバーテスト  クロストレイナー

ノーマル状態でも評価の高いクロストレイナー250ですが、より高回転のパワーを必要とする方の為に、チャンバーを3種類テストしてきました。

最初にまとめると
ノーマル
〇扱い易い、軽い
×修理し難い 上が回らない(利点かも)

RR2T用
〇全域パワーアップ
×ノーマル+1kg重量増、レスポンスが敏感(利点かも)

fresco
〇下は使いやすいまま高回転のみパワーアップ
×錆びやすい、左足が当たる




まずはノーマルチャンバー
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

重量は1.45kg 最軽量です。
特性は全域で柔らかい印象。クロストレイナーのヘッド自体がRR2Tに比べて圧縮比が低いのも有り、低回転も高回転もとても扱い易いトルクです。このガツンと来ない、でも豊富なトルクこそがクロストレイナー250の良さだと感じています。高回転もフラットに回り、回り過ぎない特性なので、安心して早めにスロットルを開ける事が出来ます。初級者〜中級者にはベストな特性だと思いますが、早めに開けられる特性はコースによっては上級者にもプラスになります。
実際、去年の日高2daysに出場した際は完全ノーマル車体でしたが、テストタイムでIAクラス3位を二回、ファイナルクロスでは5位でフィニッシュ出来ています。
トレール車からの乗り換えや、優しい特性が好みの方はノーマルがおすすめです。キャンバーの落ちにくさや、ウィリーコントロールのやり易さは一番です。
難点は、薄肉軽量な造りなので凹みやすい事と、溶接が雑で水圧修理がしにくい事です。
重量増にはなりますが、チャンバーガード装着を強くお勧めします。
当店ではJIMMY-TEC製のカーボンガードをお勧めしております。



次にRR2Tノーマルチャンバーをテストしました。
クリックすると元のサイズで表示します
車体への取り付けは完全にポン付けです。必要に応じてキャブセッティングを行って下さい。
クリックすると元のサイズで表示します
重量はノーマル比おおよそ1kgアップの2.5kg
特性は、ほぼRR2Tそのままです。低速から高回転まで全域でパワーアップしました。
吹け上がりも鋭く、並んでよーいどんしてもRR2Tと良い勝負すると思います。
JNCC等のゲレンデヒルクライム等、パワー勝負になる場面ではこのチャンバーが有利になる場面が多いと思います。G-netなどハードエンデューロでも助走の無い急角度のヒルクライムなど、瞬発力が必要になる場面では有利に働きます。3月の全日本ヒルクライム選手権でもこれを選ぶか悩んでいます。
難点は、重量増とレスポンスが良すぎてクロストレイナーらしい優しさが無くなる事です。
ハイパワーをコントロール出来る方にお勧めです。


最後がItariaのFresco社のXtraner用チャンバーです
クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず見た目の輪切り感が格好良いです(笑)溶接はmarioさんの方が綺麗かな。
クリックすると元のサイズで表示します
重量はノーマルに近い1.7kg
クリックすると元のサイズで表示します
ぶつける前にJIMMY-TECさんにガードを造って貰いました(発売予定)
特性はノーマルとRR2T用の中間に近いです。低回転は優しいトルクのまま、上がかなり回るようになります。「クロストレイナーのエンジンフィールは気に入ってるけど、もうちょっと上が回る方が良いな」と感じてる方にはとてもお勧めできます。僕は今年は大体のレースはこのチャンバーで廻る予定です。ノーマルに比べると溶接もしっかりしているので、水圧補修もしやすいでしょうし。価格はノーマルと同等の4万円台中盤〜後半を予定しています(調整中)。
難点は、メッキが掛かって無いので錆びやすい事と、右側コンバージェントコーンがだいぶ張り出しているので、僕の様に身体が大きい方は左コーナーのニーグリップでブーツが接触します。
クリックすると元のサイズで表示します
ですので、やはりチャンバーガードを装着を強くお勧めします。クリックすると元のサイズで表示します
こうなる前に(飛び石でやられました 泣)


そのうちダイノ掛けて測定データを載せたいと思います。
全開時しか測定しませんが、ある程度の特性の違いは出ると思います。

しかし、と言うか、やはりと言うか、2ストロークマシンはチャンバーで別物になりますね。
理想は3本持ってレースごとに付け替えで3度美味しいという使い方ですね。
僕の場合、南牧耐久トライアルや平谷スペシャルなど、トライアル関係全般はノーマル
JECやG-net戦はfresco
ウインターカムロのスキー場ヒルクライムやサンドレースの様なパワー勝負はRR2Tチャンバーを選ぶと思います。

エアクリーナーBOXの吸気口も、RR2Tに比べるとだいぶ狭いので、ここを広げてやれば全域パワーアップするのは目に見えてますが、クロストレイナーの良さも無くなりそうなので、ここには手を付けない予定です。

上記三種類ともに、当店取り扱い商品です。frescoは発売次第注文致します。
RR2Tノーマルは在庫がございます。(43200円)
是非、ご注文をお待ちしております。




info@strangemc.com
宮城県仙台市宮城野区日の出町3-1-26
TEL/FAX 022-766-9799
ストレンジモーターサイクル 代表 和泉 拓



2017/4/26  18:47

投稿者:maeta

お世話様です。
Fresco社のXtraner250用チャンバーを購入したいのですが、どのように注文すれば宜しいでしょうか。

お知らせ願えたら幸いです。
宜しくお願いします。

2017/4/19  23:35

投稿者:なべ

拓さんの記事を読んでX-Trainer250購入し、スプロケも15-49交換してツーリングバイクとして乗り始めました。
2ストの元気なエンジンと軽い車体、サスも林道ならまるで問題なくガンガン走れて楽しませてもらってます。

ひとつ質問なんですが、オンロードを60km/h前後で巡行する時、ボコボコとカブッたようなエンジン音になるのですが、これは仕方ない事なのでしょうか?アドバイスいただけると嬉しいです。

2017/3/1  19:44

投稿者:和泉

コメントありがとうございます。特にトライアルでの練習はしておりませんが、した方が良いとは感じております。

2017/2/24  22:21

投稿者:中年ライダ

いつも拝見させて頂いております。
和泉さんはトライアルバイクでの練習はなされているのでしょうか?
練習に取り組むか迷ってまして、、、
ご教授お願い致します!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ