ストレンジモーターサイクル店主AD/tacのバイクにまみれた生活の日記です。 街乗りあんちゃん→峠小僧→エクストリームライダー→全日本モタード参戦→全日本エンデューロ参戦→全日本ハードエンデューロ(G-net)参戦しています。 2017年はBETA Xtrainer250で全日本エンデューロ#14 G-netハードエンデューロ#2で走っております。 毎週日曜はお店を休んでツーリングや初心者講習付きの走行会を行っています。

2017/12/5

SUGO2DAYS結果とランキング  エンデューロ

遅くなってしまいましたが、先月末に行われた全日本エンデューロ最終戦の結果です。

IAクラス
#14 和泉 拓  DAY1 14位/23台  
         DAY2 12位/23台 総合14位/23台

IBクラス
#97 新沼 光  DAY1  14位/24台
         DAY2  1位/24台  総合3位/24台

Nクラス
#422 一ノ渡 宣広 DAY1  64位/82台
           DAY2  DNF  総合DNF

承認Bクラス
#524 斎藤 隆夫  DAY1  1位/2台
           DAY2  1位/2台  総合1位/2台

2017年度ランキングは
和泉 拓 IAクラス10位/30人(2017年度ポイント取得者
新沼 光 IBクラス2位/42人(2017年度ポイント取得者

斎藤さん以外は微妙に目標から外れた結果となってしまいましたが、怪我やマシンの大破も無く終えられたことが何よりの成果です。

一昨年は出場するお客様のサポート、去年はスタッフとしての参加、久々に選手として走りましたが、やはり楽しいですね。開拓のお手伝いもしておりましたので、スタッフの皆さんが使いたかったルートの件も承知しておりますが、今年はこれで正解だったと思います。良い大会でした。

僕は今年の全日本エンデューロは、全戦xtrainer250で参戦しました。
去年、今年とかなりの台数をお客様に販売しましたので、ハードエンデューロだけでなくスピードレースでも通用する車両と言う事をアピールする為です。最高位は日高で5位を獲得したものの、目標としていた一桁ランキングには僅かに届きませんでした。ですが、MXのIAやIBが増えて来た全日本エンデューロで10位と言うランキングは、自分なりに評価出来るものだと考えております。
実際、アベレージライダーが乗るには、MXerベースよりも遥かに楽が出来るので、トータルで良いリザルトを得られる事も多いかと思います。

もちろん、G-netなどのハードエンデューロにはこれ以上ない位ベストマッチな車両です。
今年のG-net戦は欠場が多く、僕自身のランキングは良くありませんでした。しかし、出場した第二戦サバイバル広島では3位表彰台を獲得、TeamBetaIRCの1.2.3フィニッシュを見ても、「国内のハードエンデューロにはBETAとIRCを選んでおけば間違いない」という状況だと思われます。


今年一年を通じて、多くの皆様にお世話になりましたが、特にBETA JAPANの皆様とIRC飯塚様には現場でのサポートを大変お世話になりました。本当にありがとうございました。ブランドイメージ向上と販売を通して、少しづつ売上に貢献して行きたいと思います。


以下は2017年度の当方のスポンサーリストです。
全て「頂けるから使っている」のではなく、「僕が気に入ったものをお願いしてスポンサーして頂いている」ものばかりです。是非こちらをご覧の皆様のお買い物の参考にされて下さい。

・井上ゴム工業株式会社(タイヤ)
言わずと知れたエンデューロタイヤのトップブランド、IRCです。
JECではフロントIX09WかIX07S、G-net戦では前後ゲコタかリアのみVE33を良く使用していました。どのコース、どのコンディションでも、チョイスを間違わなければ最高の性能を発揮してくれます。チョイスに迷った際はお気軽にご相談下さい。

・株式会社SHOEI(ヘルメット)
僕の頭を守って頂いております。レースではVFX-Wを使用しておりますが、スクールや開拓時は声が通りやすい様にTR-3を、HORNET-ADVを使用しております。特にメインのVFX-Wの軽さと包み込まれる様なかぶり心地は、他メーカーには出せないものだと思っております。今年は幸いにして守られる様な転倒をする事は有りませんでしたが、世界最高の安全性は身をもって体験しております。

・株式会社JAPEX(GAERNE ブーツ)
僕の足を守って頂いております。エンデューロはFAST BACK、MXではSG11、トライアルではBALANCE4、ツーリングではG-PRESTAGEを使用しています。メイン使用のFAST BACKはもう廃盤になってしまったのですが、軽さとプロテクションが高次元でマッチした、とても使いやすいブーツでした。後継のG-REACTも評価が高いので、楽しみです。

・株式会社和光ケミカル(オイル、ケミカル)
僕の使用する全ての車両と、当店で販売する全ての車両に使用しております。分離給油のクロストレイナーにはV2Rか2CTがお勧めです。高回転をあまり使わない、山がメインの方は2CTでも十分な油膜保持能力が有ります。ミッションオイルはYZやRR2Tにも使用していたPRO-STAGE−Sの0W30です。確実にクラッチのキレが良くなりますので、お勧めです。クラッチ板も年間通じて交換した事は有りません。

・KRAZy (アパレル)
最近、エンデューロ会場でも良く見る様になったブランドです。アパレルメーカーというよりは「自分の好きな事をどう発信するか」を常に考えさせてくれる媒体です。無料のマガジンが来週発行予定で、当店にも入荷予定ですので、是非当店でお求め下さい。

・JKdesign+products(デカール)
マシンのデカールを作って頂いております。TKO参戦の際もデザインと作成をお願いしました。
僕の車両と同じ仕様とデカールも注文出来ますので、ご相談下さい。
本当は、もっとぶっ飛んだデザインのデカールが得意な職人さんですので、相談頂ければ色々なリクエストに応えてくれます。ゼッケン部分のみも可能です。

・BETA motor japan(車両)
ここ5年の全日本エンデューロやハードエンデューロの成績は、BETA無くしてはあり得ませんでした。コンパクトでしなやかな車体と、パワフルなのに扱い易いエンジンはとても日本人にマッチします。事実、ここ5年で相当にシェアを伸ばしていると思われます。
他メーカーにも良い車両は有りますが、試乗してフィーリングが合う方ならば即購入しても後悔はしないと思います。特にハードエンデューロや山遊びがメインフィールドの方は、Xtrainerを選んでおけば間違いないと断言出来ます。クローズドuseオンリーなら300が特にお勧めです。

・お客様
自身のレース参戦やスクール、納車などで留守が多く、いつもご迷惑をお掛けしております。
また、暖かいお言葉を頂き誠にありがとうございます。来年度はなるべく作業を詰めない様なスケジュールを組みたいと考えております。


来年の参戦予定はまだ白紙ですが、地元のローカルレース参加やお客様とツーリングに行く機会を増やしたいな、とも思っています。

とりあえず今年最後のレースの今週末の日野ハードエンューロ、オールスタークラスで頑張ります!
http://hinohard-enduro.sakura.ne.jp/
観戦して面白いレースになるのは間違いないですので、関東近辺の方は「汚れても良い服装」と「ゴム長靴」「軍手」「ロープ」等をご持参の上、遊びにいらして下さい。
ハードエンデューロ観戦はそれ自体がアクティビティとして楽しめるし、カロリーも消費出来ると思います。
是非、観戦にいらして下さい。
















info@strangemc.com
宮城県仙台市宮城野区日の出町3-1-26
TEL/FAX 022-766-9799
ストレンジモーターサイクル 代表 和泉 拓




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ