ストレンジモーターサイクル店主AD/tacのバイクにまみれた生活の日記です。 街乗りあんちゃん→峠小僧→エクストリームライダー→全日本モタード参戦→全日本エンデューロ参戦→全日本ハードエンデューロ(G-net)参戦しています。 2017年はBETA Xtrainer250で全日本エンデューロ#14 G-netハードエンデューロ#2で走っております。 毎週日曜はお店を休んでツーリングや初心者講習付きの走行会を行っています。

2017/12/28

白井エクストリームアドベンチャー Vol.1  アドベンチャー

先週日曜日はオフロードパーク白井で行われたアドベンチャーバイクの走行会に、講師として参加してきました
バイク仲間の大和君が代表を務めるmotoradaのイベントです

トライアルパークを重量級のアドベンチャーバイクで走るという尖ったイベントでしたが、小排気量も含めて34名の勇者の参加がありました

「普通の林道ツーリングじゃ満足出来ない」
「もうちょっとハードなオフロードも走りたい」
でも「一人or少人数だと、何かあった時の事を考えてチャレンジできない」
と言う方の為のイベントです
「みんなで無茶やれば怖く無い」という論理ですね

実際、僕も土曜日にスクールのロケハンがてらパーク内を走りましたが、チャレンジラインは決して一人ではアタックせず、誰かが来るのを待ってからチャレンジしました。嵌ったり、下敷きになったりしたら一人では起こせない場合もありますし、文字通り命に関わる状況にもなりかねませんので。

こういった場所を走る為に自分の車両(KTM 1190ADVENTURE-R)用に、細いリムを装着したホイールセットを用意しました。
ノーマルもF21-R18とオフロード向きの外径サイズなのですが、230kgの車体と150psのパワーを支える為に、F2.15-21、R4.5-18とかなり太めのリムサイズなのです。
更に、前後チューブレスかつバルブ位置がセンターに無い為、チューブも入れ辛い設定で、タイヤチョイスに難儀しました。チューブレスで使えるまともなオフロードタイヤなんか殆どありませんから。
そこでF1.85-21、R2.5-18という細いリムを特注で組んで、チューブ+ビードストッパー仕様のリムを製作しました。選んだタイヤはフロントVE35、リアVE33、小排気量ではお約束のセットです。フロントは岩盤でのグリップを期待してVE35にしました。
使い慣れたVE33、岩場でもサンドでもグリップしてくれて大変助かりました。スクールをするのにお手本出来なかったら切ないですからね。

午前中は有料の上級スクール
まずは広場できっかけを使ったフロントアップの練習

まずは、理屈で理解して頂いて、実践して貰います
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

ウィリーが目標では無く、あくまでも確実にフロントを離陸させる事が重要です。
障害物を超えるのには絶対に必要なテクニックです。小排気量車なら比較的簡単なんですが、重く、トラクションの悪い大排気量車は中々難しいです。きっかけでフロントフォークを縮める事と、ボディアクションが重要になります。

コツを覚えると、徐々に生徒の皆さんも上手く上がるようになりました
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

その後は第5エリアに移動して、ガレ場の走り方の実践練習と、ヒルクライムの基礎と実践を行いました。ガレ場は移動路なので、全員にチャレンジして貰います。
クリックすると元のサイズで表示します

ここは結構難所になって、助け合いながら走破しました。
こういう時は人数多いと助かりますね。

クリックすると元のサイズで表示します
ヒルクライムも、まずは理論を座学でお話してからの実践ですが、失敗すると大変な場所ですので、チャレンジは希望者のみとなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

3時間という限られた時間では、完全に習得するのは厳しいものがありますので、まずは理論を理解して貰い、持ち帰って練習して頂く事が重要かと思います。

ここ3か月、BETAでのレースや練習の合間にビッグオフでオフロードを走るようになりましたが、基本的な動きは小排気量車の延長にある事が理解出来ました。スクールでも「きっちり出来てるな」と言う方は、小排気量車でエンデューロレースに出場したり、基礎が出来ている方が多い様に見受けられました。こう言っては身もふたもないのですが、きっちり上達したいのであれば小排気量車で練習したものをフィードバックするのが近道だと思います。

ただ、ビッグオフは小排気量車に比べて重量もパワーも倍以上なので、その辺だけは気を使ってやる必要があります。次回も色々とイベントを考えて居る様ですので、その時にスクールが有ればビッグオフに適した練習方法なんかも考えて行こうと思います。

メーカーを問わずプライベートなスクールも承りますので、ご希望の方はmotoradaにお問い合わせ下さい。もちろん、BETAなどのエンデューロバイクを含むスクールでも構いません。

尚、このページの画像はVeeRubber輸入元の木下電機さんより頂きました。
自走で来て、現地で交換される方もいらっしゃいました。こういった遊び方が出来るのもアドベンチャーの良い所ですね。トランポ移動に慣れちゃった身にはとても新鮮です。

クリックすると元のサイズで表示します

いずれはフルパニアに装備満載で遠方のイベントに自走で参加したいですね
クリックすると元のサイズで表示します
info@strangemc.com
宮城県仙台市宮城野区日の出町3-1-26
TEL/FAX 022-766-9799
ストレンジモーターサイクル 代表 和泉 拓



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ