ストレンジモーターサイクル店主AD/tacのバイクにまみれた生活の日記です。 街乗りあんちゃん→峠小僧→エクストリームライダー→全日本モタード参戦→全日本エンデューロ参戦→全日本ハードエンデューロ(G-net)参戦しています。 2017年はBETA Xtrainer250で全日本エンデューロ#14 G-netハードエンデューロ#2で走っております。 毎週日曜はお店を休んでツーリングや初心者講習付きの走行会を行っています。

2010/12/29

リクルス オートクラッチ2 取り付け  パーツ

1 妄想http://fun.ap.teacup.com/strange69/42.html

と言う訳で取り付けです
クリックすると元のサイズで表示します
箱を開けるとまず保証書が出てきました。レース未使用であれば1か月間は完全返品OKらしいです。パーツの保証は1年間。



クリックすると元のサイズで表示します
パーツはこんな感じです。
インナーハブ、プレッシャープレート、クラッチプレート、スプリング、クラッチカバー、EXP本体、センターナットとロックワッシャー、セッティング用スプリングが入っています。取り付けに必要なパーツは全て同封してありました。アウターバスケットとフリクションプレートは純正を使用します。

クリックすると元のサイズで表示します
もう付きました。取り付け自体は簡単でクラッチASSYを交換出来る工具と腕があれば20分で終わります。
ここで問題発生。クラッチカバーが純正より厚い為、ブレーキペダルと干渉しました。
元々ペダルを目一杯上げるのが好みの為の様ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
と言う訳で当たる部分を若干削りました。とりあえずOKかな。

クリックすると元のサイズで表示します
ただ、厳しい所好きな俺にはこのクリアランスはちょっと怖いですね。
落ち着いたら何らかの対策をする予定です。


とりあえずマニュアル通りに慣らしをして再度オープン
クリックすると元のサイズで表示します
マニュアル通りにセッティングするものの、繋がるタイミングが自分と違って居たので調整範囲内で自分好みにセッティング。慣れれば3分で終わる作業ですし、目盛が振ってあるのでセッティングメモを取りやすいですね。

これで本体はとりあえず完成。左手ブレーキを取り付けます。
リクルスでもハンドブレーキキットを出しているのですが、4〜5万するのでとりあえず手持ちパーツで何とかします。エクストリーム用のハンドブレーキアダプターの在庫があったので、この辺は余裕です。
クリックすると元のサイズで表示します
リアマスターは’02のYZの別体マスターを流用しました。ホースはCRFのフロント用。ハンドマスターは油圧クラッチ用のAJPです。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
とりあえずこんな感じになりました。エクストリームっぽいですね。まあ、テストの為の暫定仕様なんで見た目には突っ込まないで下さい。通常走る場合はハンドブレーキもクラッチも使用しない筈なのですが、やたら自己主張していますね・・・

年末年始にかけて色々テストして来ますので、ご期待下さい!


info@strange-mc.com
http://www.strange-mc.com/store



2010/12/30  15:28

投稿者:tac

>スケテツさん

マニュアルにもKTMのパーツについての記載がありました。KXFやRMZはブレーキペダルとフレームの間にスペーサーを入れてクリアランスを作るみたいですね。
その方法も考えたんですが、リアブレーキのロッドを押す方向が斜めになるのが嫌で(シリンダーが減る)諦めました。
クラッチカバーに2017Sでも溶接して補強するか、ペダルにプレートを溶接して面で当てる様にする予定です。
今日ちょっと乗りましたよ。好みは分かれると思いますが面白いですよ。

2010/12/29  23:49

投稿者:スケテツ

早!、もう組んだんですね(^_^)

KTM用のREKLUSEの場合はクラッチカバーを避けるためにポジションを下げたブレーキペダルの踏む部分だけを、上げ底になった付属パーツに交換することで干渉を回避するようです。
ブレーキペダルの先の部分だけが元々ボルトオンされている構造だから成し得た裏技ですが、ブレーキペダル自体はやっぱり下がりっぱなしなわけですから『厳しいところ』ではやっぱり『厳しい』だろうなと思います、笑

隣町のムッシュもずいぶん前に購入したんですけど、まだ組んでいないんですよね〜、アハハ

http://happy.ap.teacup.com/yukarisuketetu/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ