2009/8/10

☆すかるぷちゅあ☆  

ジェルネイル
紫外線で硬化する光硬化樹脂(アクリル樹脂)を用いる。

2006年頃から流行しておりジェルネイル専門店なども数多くできている。ジェルの種類はソフトジェル(カルジェル、バイオスカルプチュア、アクセンツ等)、ハードジェルの2種類がある。

剥がす際にはアセトクイズンで柔らかくする(ソフト)、削って剥していく(ハード)となる。

ジェルは紫外線に当てない限り硬化しないため、時間結婚制限なく形を作る事が出来る。

ハードは、硬化後硬さがあるため、自爪を削り溝を作る事でジェルが自爪から剥離することを防ぐ。この削りの段階で自爪が薄くダメージを受ける場合が多い。 ソフトは、硬化後も柔軟性が持続するため、ジェル塗布前の自爪の削りがほとんどなく、爪へのダメージアイドル待受も少ない。自爪に近い仕上がりとなり、美しさが長持ちする。

欠点としては、思い通りの形を作るためには相当の技術が必要であること、原則として個人で剥がすことができずサロンで除去しなければならないこと、アクリリックネイルに比べて高価、長さを出すと折れやすいこと、水に弱いことなどが挙げられる。

色々なネイル〜

アクリリックネイル
通常「スカルプチュア」と呼ばれるのは、この形式である。混ぜると重合反応が起こり、硬化するアクリルパウダーとアクリルリキッドメ ル友を用いて、人工爪を形作る。

ジェルネイルに比べて、安価で強近所度が高く、水などにも強い。また、アセトンに溶けるため、除去はしやすい。正しい手順で行えば、自分ではがすこともできる。

ある程度の時間でアクリルが硬化してしまうため、形を作るのには時間制限がある。 反応時の匂いがきつく、爪へのダメージはジェルネイルよりも大きい。


利点
短かったり割れやすかったりする爪を延長・補強する事が出来る。(装飾ではなく、医療目的でも用いられる)
自爪に合わせて一つ一つ作っていくため、ネイルチップを貼り付ける通常の付け爪と違い爪の大小や形に関係なく自然な仕上がりに出来る。
非常にはがれにくいため、付けたままで家事や入浴、運動が可能。
透明な材料を使ったり、材料にはじめからラメなどを混童 貞ぜ込む事によって、独特の演出が可能。

欠点
高価である。
着けるのに時間が掛かる。
逆 援がす為には、やすりで削っていくかアセトンなどで溶かすしかない。そのため頻繁に着け外しをすると自爪を傷めることがある。また通常、剥がす作業もネイリストに依頼するため費用が発生する。
装着後2〜3週間経出会いつと自爪が伸びてきて根元に境目が出来たり、装着したスカルプチュアが浮いたり欠けたりするため、定期的にメンテナンスが必要。
メンテナセ フレンスを怠り浮いたままになっていると、自爪とスカルプチュアの間に水が入り自爪にカビアイドル壁紙が発生する恐れがある。

健康への影響
利用が広がるにつれ健康に関わるトラブルの発生もみられ、国民生活センターは『つけ爪による危害−かぶれ、やけど、カビが生SNSえることも−』として注意を呼びかけている。 揮発性発火性の高いアセトンの取り扱いに関わり、取扱者が怪我や気化したアセトンを吸入して気分が悪くなったりするなどのトラブルが報告されている。アセトンに関する危険性は、アセトンの項を参照。




0

2009/8/10

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ