2020/1/19

2019年末から2020年始の台湾の鐵牛車1  台湾の運搬車両

 今回の台湾鐵牛車、いきなり諸事情で二日目の夕方からのレポートです。
 もともとが、台中の大甲・大安方面に、10年ほど前にキャビン前(内部ではない)にむき出しのエンジンを搭載したタイプがいる(いた)という情報があり、それを探すために大安港方面に向かったのですが、そこでは村の雰囲気はとても良いものの、鐵牛車の発見はなく、何も発見無しで帰る訳にも行かない為に、大安区公所(役所)近くにいた中古の運搬車を撮影してきました。

 行きのバスの車内から見て、ちょっと気にはなっていた、と同時に、見たことあるタイプばっかりだなあとも感じてしまいました。
 さほど古いものでもないでしょう。どれもミッドシップに農機エンジンを搭載、ドライブシャフトで後輪を駆動するタイプ、だったと思います。
 荷台を外された姿など、貴重といえば貴重ですね。

 さて、キャビン前エンジン搭載のタイプについては、どこかに残っているんじゃないかという感じもするのですが、どうやって探したものか、悩む所です。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ