主にスパロボ好きがゲーム、映画、適当なことを書いていきます               
                                ご覧のとうり犬マユファンでありJAM projectファンでもあるので好き勝手にやりながら燃えるものを探求してます(−−)               しかし、ただ暑いor暑くるしいってだけのは嫌いです

2010/4/26


今日は小説の中で自分が1番気にいってるやつを

(−−)つクリックすると元のサイズで表示します

はっぴぃセブン  全21巻(1部6巻 2部9巻 3部3巻 4部3巻)

自分がVJの広告で見かけてなんとなく憶えてたのをブックオフでたまたま見つけたのが始まり
これを読んでからは字ばっかで嫌だて思ってた小説を好きになって今では面白そうなのは見つけ次第読む乱読状態になってます。

作者はいろんなアニメ、特撮の脚本をやっている川崎ヒロユキ

子供の時から不幸だった主人公がとある日に会った少女達

その少女等は神霊力という力を使い変身して戦う戦闘集団 はっぴぃセブンであり主人公はその出会いから 禍ツ神(まがつかみ)という人々に不幸をもたらす邪神達との戦いになる話

七福神をモチーフにしているのでヒロインは7人+@(今後増えていく)です
まぁ仰々しく紹介しましたが主人公のハーレムラブコメですね

サクラ大戦のような感じですね(前半 日常 後半 戦闘)
戦闘はちゃんとしてるのでまったく軽い話てわけでもなくバランスが良いです

この小説は挿絵というかミニ絵がちょくちょくあり(文章が空いてるとこを活用)読みやすいです

あとアニメ化されてます  全13話
どういうわけか3部のとこ(16〜18)だけという初めて見る人にはなんのこっちゃ展開

何故1部からにしなかった(−皿−)

終わってしまうには非常に惜しかった作品だった(TдT)

では(−−)ノ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ