主にスパロボ好きがゲーム、映画、適当なことを書いていきます               
                                ご覧のとうり犬マユファンでありJAM projectファンでもあるので好き勝手にやりながら燃えるものを探求してます(−−)               しかし、ただ暑いor暑くるしいってだけのは嫌いです

2010/8/10

魔法に変身ヒーローにロボットを合わせたやつ  特にお勧め作品

熱い作品特集 今日は特に気にいってるやつを

(−−)つクリックすると元のサイズで表示します

機神咆哮デモンベイン  PS2  
移植されたやつで元はPCゲームで 斬魔大聖デモンべイン

いつもながら適当にゲームを漁ってた時に見つけてやってみたら当たりでした

最初はただのギャルゲーかなと思ってたのですがパッケージの説明を見てみると
クリックすると元のサイズで表示します

ほう・・・  荒唐無稽スーパーロボット列伝とな(−ω−)

その1文で買う気になりました(限定版で2000円しなかったてのもありますが)

通常版にもついているOVAとなる30分のDVDがついていて入門編のかな?て思いながら見たところ

中々良いじゃないかヾ(==)ノ  

内容は本編の中盤に空白になっている部分がありそこを補うところの話なのですがデモンべインはこういうのなんだて紹介にもなる内容でした

さて本編の内容

科学と魔術が発展してる都市が舞台  魔導書と才能があれば魔法が使え 無くても科学技術で使えないこともない世界
仕事が全然無い空腹といつも戦っている探偵が主人公  ある日出会った人にもなれる世界最高の魔導書ネクロノミコンに無理やりパートナーにされて魔術を自分の欲望のままに使う暗黒面に堕ちた外道集団ブラックロッジと戦う話
ブラックロッジがいつも巨大ロボで暴れているんですが主人公の他に変身ヒーローみたいなのがいてそれが主人公の敵になったり味方になったりします(主人公も一応変身はする)
さらに主人公を含むブラックロッジのボスと幹部は機械仕掛けの神となるロボットを使い戦います

ロボットという機械でありながら魔法を使っての戦闘

良いじゃないか(−ω−)

幹部達のロボットも中々味がある

それで注意なんですがやるならPS2版の機神咆哮が良いです
プレイしたのは3,4年前くらい前で2週間くらい前にやり直すてことでPC版買ってやってみたんですがこれが酷くて酷くて・・・

声が全然無いです  PS2がむっちゃ増量したのだろうか
幹部達の声無しは酷い・・・  幹部には若本や中田や矢尾がいるんですよ それが無いなんて盛り上がりに欠けます  サブキャラも全滅

ですので演出面重視でPS2版を断固進めます  あっちなみに18禁のほうが優先て言うならPC版でもどうぞ  お勧めしないですが

普通にあったよOVAのやつ(−−;)
とりあえずこれを見てからで


視点はこの都市にスクープを求めてやってきた記者でこの事件後都市を出ていったぽいです 本編には出番無し

では(−−)ノ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ