主にスパロボ好きがゲーム、映画、適当なことを書いていきます               
                                ご覧のとうり犬マユファンでありJAM projectファンでもあるので好き勝手にやりながら燃えるものを探求してます(−−)               しかし、ただ暑いor暑くるしいってだけのは嫌いです

2010/8/8

力ずくの交渉  お勧め作品

今日はスパロボから

(−−)つクリックすると元のサイズで表示します

THEビッグ・オー   1部13話、2部13話  全26話

住んでいる住人全てが40年前の記憶が無い 記憶喪失の街 と呼ばれている都市が舞台

ここで交渉人が仕事の主人公が様々な依頼人と絡んでくる異様なのと対決しながら40年前以前この街になにがあったのか探る話
この主人公 逆転裁判の主人公に似てるような気がしますが実際はどうなんだろう

交渉人らしく何事も話し合いで解決しようとするんですが相手は基本悪人やら化け物なので聞いてはくれず信条の言っても聞かないやつは力ずくで解らせるとロボットを出して粉砕します(−ω−)

この作品は熱くは無いです むしろ落ち着いた雰囲気の話です  BGMは大抵ジャズ風でただ昔のことなど気にせずに今を惰性的に生きる人々の様子を表しています

しかし日本でうけなくて1部で終わりそうだったのがアメリカで人気が出たらしく2部が出たてのは複雑な気分   
しかもこの作品知ったのてたまたま海外旅行してた時になんとなくつけたTVでやっていたのを見たのを憶えていて携帯機であるスパロボDで初参戦した時に あぁあの時のて感じでした(−−) ちなみにその後ガンダムWやってました
当然字幕抜きの英語で意味不明 

あと漫画版もあるんですがこの記事を書くために出してふと気がつくと

クリックすると元のサイズで表示します

有賀ヒトシ(−−)?  どっかで・・・  てっロックマンの漫画描いてる人やんΣ(−−)

なんで買った時に気がつかなかったし というか原作を元にした漫画のわりには面白くできていたあたりやっぱこの人凄いて思いました

では(−−)ノ
0

2010/7/7

死にそうになってもすぐに助けに来ない守護霊  お勧め作品

今日はこれでも

クリックすると元のサイズで表示します

うしろの百太郎

主人公があらゆる超常現象に首を突っ込み死にそうになるので主人公の先祖で守護霊である百太郎がバッサリと悪霊、死霊を退治してくれる話

写真では漫画版ですが自分が見たのはTVドラマ版のみだったりする(・ω・)

ですのでドラマ版の解説です

放映したのは24話でビデオでは2話追加の26話です

追加した2話は殺人関連の話でTV放映の倫理協会に引っかかって放送できなかったやつみたいです

百太郎はとても強く出てくればどんな凶悪な霊もすぐに倒してくれますがかなりの気まぐれやです

即助けにきてくれる時もあれば主人公が重傷になるほどの怪我にされても助けに来なかったりするのでアテにすると危険な守護霊です

残念ながらビデオでしか販売してないのでレンタル落ちでしか(−−)

2話しか入っておらず全13巻です ブックオフに1個105〜950でごろごろ置いてあると思います

では(−−)ノ
0

2010/7/6

懐かしの番組のおもちゃ  お勧め作品

今日はこれでも

(−−)つクリックすると元のサイズで表示します

電撃イライラ棒

10年ちょいくらい前にやっていた応募者参加型番組
ウッチャンナンチャン炎のチャレンジャー  これが出来たら100万円  の企画の1つのおもちゃです

棒を持ち狭いとこに通し壁に当てずにゴールまで運んでいく単純のようで難しいゲームです

番組のだと両手に掲げて持つ少し大きいやつなんですが当時こういうおもちゃの小さいやつはよく派生で販売されてました

あの番組面白かったなぁ(・・)

子供がお化け屋敷に入って制限時間以内に泣かないで脱出
結構揺れる電車の中で小さい台に乗ってなんにも掴まらずにバランス感覚のみで立ち続ける電車でゴトン  てのが特に気にいってました

では(−−)ノ
0

2010/6/24

痛快娯楽復讐劇  お勧め作品

今日はスパロボのから

(−−)つクリックすると元のサイズで表示します

GUN×SWORD(ガンソード) 全26話

結婚式に花嫁をカギ爪をした男に殺されて主人公もその時瀕死

なんとか一命を取り留めてからはそのカギ爪の男を殺すことのみを生きがいにして荒野ばっかの世界を旅をしています

その旅の最中に立ち寄ったという名の行き倒れで会った少女

その少女は唯一の家族である兄がカギ爪の男にさらわれたてことで一緒に旅する話


復讐の話ですが大雑把にギャグです(−−)  珍道中てとこ

普段はふざけてますが本筋の話である仇討ちになるとシリアス1本です

主人公は良くも悪くも真っ直ぐでただひたすらにカギ爪の男を殺すことしか考えていません
普段はなにをやるにしてもやる気もなくボ〜としてますが仇討ちになると生き生きします
旅の途中で困ってる人がいたらなんだかんだで助ける人情もありますがカギ爪の男になるとそういうの全て無視してそっちに走ります  子供が駄々をこねているみたいに(−−)

そして仇であるカギ爪の男

凄まじい天然の老人です(−−)

とても温厚で良い人で人望もあるけど感覚がズレてます  ここまで行くともう純粋を通りこししてると思えるほどに

主人公が仇を見つけた時はとても良い笑顔しますよ(−ω−)

OP


では(−−)ノ

0

2010/6/21

最近見かけないと思うカートゥーンアニメ  お勧め作品

今日はこれでも

(−−)つ

ロードランナー

15年くらい前にやってたのを憶えていたというかビデオに残ってた(−−)

ロードランナーという速いなんてもんじゃない優秀でただひたすら走る鳥を食べようとする狼のコヨーテがもうそんなに買う金あるなら普通に食いに行ったほうがいいじゃないかてほど道具を駆使してしぶとく追い回す話

トムとジェリーみたいな感じです  まぁコヨーテが圧倒的に不利ですが(−−)

これはディズニーではなくワーナーブラザーて会社が作ってます  製作チームの一部はディズニーから引き抜いてたから雰囲気が似てるんですけどね(・ω・)

どっかで放映してないかな?

というか動画のタイトルからしてもうTVでは触れない方向なんだろうか

では(−−)ノ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ