Report1.19きさいち植物園探検部  こども探検部

2020年はじめての探検部。
足を負傷し松葉杖の部員がいるため短い距離でしたが、この時期特有の、冬のキリッとした空気がはりつめながらも、早春の優しい香りがする植物園を体感できました。ロウバイ、春日野が咲いていました。
クリックすると元のサイズで表示します
毎年はやく咲く梅、春日野
クリックすると元のサイズで表示します
いい香りがします
クリックすると元のサイズで表示します
姉が亀裂骨折のため松葉杖生活7日目。弟2のバギーに乗せて弟1が押すものの、重すぎて動かず
クリックすると元のサイズで表示します
ロウバイも見頃です。人が少ないこの時期の植物園でひっそりと、凛と咲いていますよ。

植物や鳥をじっくりと観察したり、気分をリフレッシュさせたいときは、この時期の植物園はおススメです。防寒、温かい飲み物を持ってゆっくりお過ごしください。

今年もよろしくお願い致します。

 

Report6.16きさいち植物園探検部  こども探検部

6月の探検部。昨日の強風で枝や葉がたくさん落ちていて、雨の湿り気が残っている植物園は香りがよく、歩くだけで元気がでました。これぞ森林浴。
去年9月の台風の影響で封鎖されていたエリアが一部公開され、久しぶりに池まで散策できたり、先月は大きなアスパラガスのようだったプヤ·アルペストリス(ヒスイラン)が咲いていたり、短い時間だったけど充実の探検でした。
子どもたちは水で遊んでだり、棒で線をひいて線路作りに励んだり。楽しい時間でした!
クリックすると元のサイズで表示します

 

Report5.19きさいち植物園探検部  こども探検部

ハルゼミの抜け殻をみたり、カラタネオガタマのバナナのような香りの風を感じたり。久しぶりのお友達やいつも来てくれるお友達、今日は賑やかにサクラ山でお弁当を食べました。
2年ぶりに花が咲きそうなブルー·プヤはやっぱり大きなアスパラガスでした「2年前はもっと大きくなかった?」という声も。子どもたちが大きくなったのかも知れません(笑)
こども探検部も5年目になります。子どもたちには成長を優しく見守ってくれる身近な森があります。将来、子どもたちを見守ってくれた身近な森を守り、地球の環境保全を考えてくれたらなぁ、とか思いを馳せてみたり。
来月も第3日曜。お気軽にご参加ください♪
クリックすると元のサイズで表示します

 

Report4.21きさいち植物園探検部  こども探検部

先週末よりますますタンポポが満開な芝生広場集合です。
今月から7月までお試しで いしころくらぶ(かたのの森のようちえん いしころえん親子組の卒組さんや現役さんが週末に月2回活動されています)と合同で探検することになり、初めての活動日でした。
ともに自由な活動をしているので、途中はぐれてしまいましたが、シロバナタンポポみつけたり、おたまじゃくし、カエルを捕らえてはなしたり、かくれんぼしたり。
また来月もお願いします♪
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

Report2.17きさいち植物園探検部  こども探検部

2月の探検部は小さな春をたくさん見つけました。タンポポ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ等の花。カエルやチョウの卵。梅(春日野)は満開。イワツバメが飛んでいました。
1歳児は落ち葉がサクサクいう溝を歩くのが、楽しくて仕方ないようでした。
まだまだ寒いですが、春はそこまで♪
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

Report9.16きさいち植物園探検部  こども探検部

※申し訳ありません!11/18(日)の探検部もお休みします!娘のソフトボールチームが来週の決勝戦に進みました。12/16(日)も息子の初めての空手試合で…私用でお休みばかりしてすいません。次回は来年1/20(日)になります!

※10月21日(日)の探検部はお休みさせていただきます!(部長、子供会のイベントの為)申し訳ありません!

2ヶ月ぶりの探検部でした。台風21号で一時閉園していた植物園。Facebookで被害状況の写真も目にしていたので、とても心配していました。

大クスノキは枝葉が少し寂しくなりましたが、カタツムリも健在でした。ヒマラヤスギやイチョウ、セコイヤ、スラッシュマツが折れていたり、まだ若い実が落ちていたり、心が痛みました。でも「生きよう」という力が木々にみなぎっていて、虫も鳥も応援しているようで、逆にパワーをもらいました。

子どもたちも馴染みの植物園の変わってしまった風景の中を、興味深そうに探索していました。すぐ元には戻らないかも知れないけど、自然に順応しながら花をつけ、実をつけてくれると思います。「柔軟に。」そんなことを自然から学んだ探検日でした。
クリックすると元のサイズで表示します
ユリノキの葉っぱネコで「いないいないばぁ」
クリックすると元のサイズで表示します
ツクツクボウシやミンミンゼミが鳴いていました
クリックすると元のサイズで表示します
スラッシュマツ
クリックすると元のサイズで表示します
芝すべり
クリックすると元のサイズで表示します
追いかけっこ
クリックすると元のサイズで表示します
被害の大きいクスノキの伐採。とてもいい香り
クリックすると元のサイズで表示します
カタツムリ健在
クリックすると元のサイズで表示します
枝葉が少し寂しくなかった大クスノキ
クリックすると元のサイズで表示します
イチョウの銀杏が落ちちゃったね
クリックすると元のサイズで表示します
大イチョウ
クリックすると元のサイズで表示します
ヒマラヤスギ
クリックすると元のサイズで表示します
フランクフルトみたい。ガマの種がモクモクモクモク



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ