2014/9/26

過剰反応?  日常

昨日、歩いていたら後ろから「こんにちは」と自転車に乗った男の人から声をかけられたので、振り向くと、柔かに天気の話などされ、なんとなく気持ちが悪く、顔を見ないように頷きながら通り過ぎるのを待っていた。 去って行ったのでホッとしていると、今度は向かいからその人が通り過ぎた。 道路を隔てた向こうから振り返って見られたり、またまたこちら側から追い越されたり、信号待ちの所で待っていたり。 どうしよう??こちらは徒歩なので振り切って逃げることはできない。 本屋でしばらく時間を潰し、別の交通量が多い所を通ってスーパーに入ったがどうやらついて来てないようだ。 一人で歩くことが好きな私だが、不気味な事件が起こった後でもあり、過敏になっているのかもしれない。 本当はそちら方面に今日も行きたいのだが、しばらくは止めておこうか。

2014/9/25

旅行最終日  日常

岩国まで行く電車がしばらくないのだ。 う〜ん・・最初に帰りの電車を見ておけばよかった。 この辺はあまり電車がないんだった。 どうしよう?と考えていたけど、時刻表を見たり、急にお腹が痛くなったりして、結構すぐに時間が経ち電車に乗った。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


時間があれば防府に寄りたかったが、次の電車にすると余裕がない上に、ゆっくりもできないので結局、終点まで帰った。 そのまま、次の電車に乗り継ぎもできたのだが、それでは旅行の最終日にしては寂しいような気がしたので、一旦下車してこの旅行2度目のミスド。
クリックすると元のサイズで表示します
あまり時間がないけど、気持ちだけゆっくりするつもりだったのに、これもまた誤算。 まず入ったとたん店員さんが・・・だった。ので、店員の顔が見えない場所と思い、喫煙室に入ったら、これまた滅多に遭遇することはない、年配の男性が若い女性をかなり威圧的に説教している場面に出くわした。 聞こうと思わなくても聞こえてくる会話から推察すると、男性の孫?(年齢的にそのように思える)が登校拒否のようで、それに対して先生(相手の女性か)の熱意が足りないみたいなことを延々と、しかし、理路整然と、自分なりの材料を示したながら一方的に説教しているようだ。 相手の女性は相槌を打ちながら、同調しながら聞いている。 しばらくすると、今度は田舎の不良とは言わないけど、今時の男子高校生風が3人入ってきた。 面倒な状況に囲まれたなと思ったが、彼らもその2人に圧倒されて「ぽか〜ん」だった。 説教されていた女性もこの状況に居たたまれなくなったのか、「用事がありますので・・」と退散したので私も退散した。 男子高生は同じような今時女子高生が来るのを待っていたのだった。


やっと最寄りの駅に着き、後は市電で帰るだけ。短い旅行は終わってしまった。 目的もなく、ほとんど電車に乗っていたようなもので、博多も正直、着いた早々、もう来なくていいやと思ったのが本音だった。 しかしそれは予備知識がなく、関西のように親しみがなかったせいだろう。 旅行後、九州の旅をテレビで目にすることが多く、何も知らなかったなぁと後悔。 気候と体調が良ければお得意の散策がもっとできたはず。 長い長い車窓の田舎景色も今となっては懐かしい。 すぐにもう一回行きたくなった。 そして場所はどこであっても見知らぬ土地、非日常が旅行の醍醐味!この楽しさは何にも替えられない。 18切符、今回はたまたま余りを譲ってもらったのだが、次は自分で買うぞ!!
クリックすると元のサイズで表示します

2014/9/22

下関(旅行最終日)  日常

下関に着いたらまずはさて置き、昼ごはん。 大丸の食堂街でお蕎麦のセット。 2時過ぎていたが、座っているだけだったので大してお腹がすいていないにもかかわらず、ボリューム満点のセット。 暖かいお蕎麦もあるのだからすまし汁はいらない気が・・
クリックすると元のサイズで表示します


予備知識が全くなかったので(今回の旅行全般について言えるが)下関がこんなに開けているとは露知らず、正直驚いた。 実際は、どうなんでしょう? 平日だったので人は少なかったが・・ シーモールは専門店街が休みで残念だった。 結構ゆっくりして、さあ帰りましょうと駅に向かったら、大誤算が!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2014/9/19

福岡最終日  日常

最終日。 チェックアウト後、すぐ博多駅へ向かう。 通りすがる○○○データの社員。 この人たちの中にかつて○○○会議などというたいそなミーティングをしていたメンバーがいるかもしれないと思いながら歩く。 朝ごはんはこれまた芸のないケンタッキー。 モーニングは手頃でおいしかった。
クリックすると元のサイズで表示します


向かった先は久留米。 目的は18切符を有効に使うことと、初日に乗った電車が久留米行きだったので何かあるのかもしれないというのと、聖子ちゃんの出身地だから。 久留米は・・駅はきれいだが(『赤いスイートピー』が小さく流れている)地上に降りても何もなさそう・・ ミストシャワーが爽やかだ。 すぐに折り返しの電車に乗った。 後で調べたら久留米は西鉄の久留米駅周辺が栄えているようだった。 そして手前の鳥栖駅は聞いたことあると思ったが佐賀県の鳥栖だった。 一旦、県を跨ぐんだね。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


博多駅のロッカーに荷物を置いているので(その必要はなかった)途中下車した以外、ずっと電車に乗って帰る方向へ。 九州のJRは電車が私鉄のようでいいな。 窓がUV加工してあったりして気持ちがいい。 久留米まで行ったのは無駄だったような気がしたが、後から思い出してみると車窓の風景や、街の雰囲気を味わっただけでも決して無駄ではなかった。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


門司へついた。 まだまだ家までは遠いが、半分帰った気分だ。 百日紅か?濃いピンクのきれいな花が線路沿いに続いていた。
クリックすると元のサイズで表示します

2014/9/17

福岡2日目  日常

天神は地下へ潜ったら人がすごかった。 地上はファッションビルや巨大百貨店。 見るべきものはないような気がした。 疲れたし、暑いし、アーケード商店街をやっと見つけてホッとした。 入口すぐにドトールを見つけて、行き交う人を見ながらゆっくり40分以上休んだ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


ほんとに何しに来たんだか、わからなくって、かと言って別の場所へ行く気力もなく、博多へ帰ることにした。 晩御飯は皿うどん。 パリパリ麺でなく、普通の麺で醤油味だった。 隣のおひとりおばさんが杏仁豆腐を2つ頼んでいた。 「よかたい。よかたい。」初めて博多弁らしき言葉を聞いた。 都会へ来ると女性のおひとりさまは年齢問わず当たり前だ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


適当な時間になったのでホテルへ戻る。 何があってもなくても明日はうちへ帰る。 記念に部屋の写真を撮った。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ