ストレンジモーターサイクル店主AD/tacのバイクにまみれた生活の日記です。 街乗りあんちゃん→峠小僧→エクストリームライダー→全日本モタード参戦→全日本エンデューロ参戦→全日本ハードエンデューロ(G-net)参戦しています。 2017年はBETA Xtrainer250で全日本エンデューロ#14 G-netハードエンデューロ#2で走っております。 毎週日曜はお店を休んでツーリングや初心者講習付きの走行会を行っています。

2010/12/29

リクルス オートクラッチ1  パーツ

リクルス CORE EXP オートクラッチ
クリックすると元のサイズで表示します

2003~2004年に一度試乗したことがあったのですが、ドリフト時にバックトルクが切れてしまうのでモタード用としては使えない印象しかありませんでした。
最近はエンデューロクロスでの使用率が高い事やEWCのE2クラスチャンピオンのミカ・アオラが装着してることから、かなり気になっていました。
日本では石井正美さんが使って、結果を出していますね。

10月の定義走行会でNAスタイルの敦さんのリクルス付CRF250改300を試乗させて貰ってかなり好印象だったので、思い切って購入に踏み切りました。

購入前の考えうるメリットとしては
@クラッチ操作が無いので左手が圧倒的に楽
Aエンストしないのでエンストと再始動によるタイムロスをカット出来る
Bタイトターンでのブレーキターン→アクセルターンがスムーズに出来る
C転倒時にクラッチから指を離してもしばらくはエンジン止まらなさそう

考えうるデメリットは
@なんだかんだ言って高額(126000円)
A登り損ねた時の「エンストしてバック防止」が出来ない
B激下りの「ギア入れてエンストして下る」が出来ない
Cエンブレ中にロックさせるとその後にエンブレが効かない
D消耗パーツがすぐ入手出来なさそう
Eクラッチの消耗が早そう
この中でCは実際にCRFを借りた時に体感しました。コーナー進入時にリアブレーキを強く掛けてハーフロックになるとクラッチが切れてしまい、リアブレーキのみの制動になってしまい結構怖いです。敦さんは若干アクセルを煽りながらシフトダウンしてロックさせない様にしているとの事でした。


デメリットをなくす為に購入前に検討(妄想)を重ねました。その結果
@は「仕方が無い」新境地に達するには投資が必要です
ABは左手にリアブレーキを追加する事で解決します。と言うか下りの右キャンバーでリアブレーキを使えたり、登り損ねた時もエンストする事無くその場に留まれます。これは武器になりそう。
Cこれは慣れるしかないかな・・・
D消耗品は国内代理店のスターズトレーディングさんに常時在庫しているようです。この代理店さんの対応がかなりしっかりしているのも購入に踏み切る要因になりました。
Eこれは実際に長期使用しないとわかりませんね。石井さんは約半年で交換したようです。あのレベルの人がJECとJNCCで使いまくって半年だったら十分だと思います。恐らくTC250だと繋がる回転数も高いでしょうし。

さて、どうなる事やら・・・


info@strange-mc.com
http://www.strange-mc.com/store



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ