ストレンジモーターサイクル店主AD/tacのバイクにまみれた生活の日記です。 街乗りあんちゃん→峠小僧→エクストリームライダー→全日本モタード参戦→全日本エンデューロ参戦→全日本ハードエンデューロ(G-net)参戦しています。 2017年はBETA Xtrainer250で全日本エンデューロ#14 G-netハードエンデューロ#2で走っております。 毎週日曜はお店を休んでツーリングや初心者講習付きの走行会を行っています。

2014/2/13

SUGO雪遊び  

仙台に78年振りの大雪が積もったという事で、SUGOに「開拓の下見」と称して雪遊びに行ってきました。
たまにはこんなご褒美も良いでしょ(走行料は払いましたよ)。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

天気は快晴!

一番深いのが最高高度の見晴台付近で50~60cm位ですね。止まったら再発進出来ないので、そのままUターンして下りましたが。


クリックすると元のサイズで表示します

タイヤは中古ゲコタで歯が立たなかったので、大和君がたまたま持ってた新品VE33を奪って装着しました。

皆で色々試しましたが、積雪30~50cm、気温5度、下がアスファルトだとこんな感じのグリップでした。
新品ゲコタ>新品VE33>中古IX09W>>中古ゲコタ(すべてIRC)

「角」で掘り進む力が必要で、アスファルトに到達した時点である程度の柔らかさが必要な様です。コンパウンドの固いソフト用タイヤは、進んでる限りはそれなりに推進力を得られますが、止まっちゃったら厳しいでしょうね。パドルもアスファルトに当たった瞬間厳しいでしょう。

ただ、雪は雪質、気温、深さ、天候、沈み具合、下の状況によって全く変わるので、これが普遍的な正解と言う訳では無いです。難しいですね。

いずれにせよ角が重要なので「新品」に限ります。


それと、雪上走行は8割全開という普段まず出来ない走り方になるので、それなりにセッティングして行かないとエンジン壊します。

※プラグは普段より#1~#2アップ
※キャブ車はMJは5%〜15%程度アップ、2stなら普段の混合比+20%~50%程度アップ
※ラジエターのルーバーに雪が詰まる場合もあるので、休憩時にクーラントの残量をチェック
※キャブ本体も、出来ればエアシートなんかでくるんでアイシング防止した方が良い
※全開を続けると振動でボルトが緩むので、走り終わったら各部増し締め

上記は「廻せる場所」「廻せる人」前提です。カチカチのコースなんかは全然スロットル開けられないので逆効果です。

他にも色々あるんですが、まあ追々。


しかし、対向車の心配も、騒音の心配も、遭難の心配も無くこんな遊びが出来るSUGO最高です!





この動画を見て雪を走りたくなった方は是非今週日曜のSUGOウィンターエンデューロにエントリーしちゃいましょう!
まだギリギリ間に合いますよ!↓↓↓
コチラをクリック

当店にゲコタの在庫も有りますので、「修行」では無く「楽しみたい」方は是非ご用命下さい。















移転しました
こちらの記事をどうぞ

info@strangemc.com
宮城県仙台市若林区鶴代町2-60-3
TEL/FAX 022-766-9799
ストレンジモーターサイクル 代表 和泉 拓



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ