こんにちは、WAKです。 みなさんと一緒にわらべうたあそびを楽しみたいと思い、会をつくりました。

 

蛇が巻いた  わらべうた日記

愛宕様にことがまだ途中ですが…。

今日テレビのニュースで栃木県小山市間々田の蛇祭り(じゃまつり)に使うわらでつくる大蛇のオブジェを、地域の専門学生やの高校生に協力してもらいつくって宇都宮線の通る畑に展示したということでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以前アロマの恩師のアロマニーズの小島先生が御山出身で、このことをお話ししていたので、もうすこし詳しくお聞きしました。

「蛇が巻いた 蛇が巻いた 四月八日の蛇巻いた」ジャガマイタ
ラララソ ラララソミ・・・

雨祈願、豊作、無病息災などを願って、中学生が主役となるお祭りです。
毎年4月8日に行われていましたが、今は子どもたちのお休みに合わせて5月5日に。
ネットで検索すると、先生の頃よりだいぶ大人が関わっているようです。
先生も100年続く祭りとお話しされていましたが、↓には江戸時代後期から始まったとも書かれていました。
https://www.mamada-hachiman.jp/jyagamaita

各町ごとに子どもたちが1カ月くらいかけて、わらで龍のような蛇をつくり、重い頭の方に竹をさして中学生が担ぎ、前の方の重いところも中学生、尾の軽い方を小学生がもって、町内の農家の家々をまわり、庭先でうたいながら踊ります。
中学生が小学生に「歌うぞ、声だせ!」というと、小学生は小さな声で「じゃがまいた〜」と歌うんだそうで(苦笑)

まわった家からご褒美のお金をもらって、それをみんなでわけるのですが、高校生がたかりに来てニュースになったりもしたとのこと。

子どものころずっとやっていたので、うたもよく覚えているそうです。

間々田は日本橋と日光のちょうど中間で名づけられた地名で、日本橋から間々田まで72キロ、間々田から日光まで72キロ。

柳原出版の「栃木のわらべ歌」にはこのうたは載っていませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します


今作成中のわらべうたの本には「てんぐのめん」というあそびを載せる予定ですが、そのもととなったであろう行事もこれと似ています。

「スッテン テレツク 天狗の面 おかめに ひょっとこ 般若の面」(東京)
(尾原昭夫・著 柳原出版)

先生の解説には、初午で稲荷に子どもたちが集まり、狐の面をかぶって歌い踊り、まわった家からごちそうをもらって食べたり、お金で食べ物を買って食べたりしたとあります。

初午とは、二月になって最初の午(うま)の日で、その日に行われる稲荷神社のお祭りのことだそうです。

柳原出版の「日本わらべうた全集」には子どもが関わってうたのある歳時も載っています。
それらのうたはなかなかうたう機会はないものの、解説もおもしろく読むだけでも魅力的な本です。

子どもが少なくなって、このような行事も途絶えたところが多いのだと思いますが、大切に受け継がれていて、いつか見に行きたいです!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ