こんにちは、WAKです。 みなさんと一緒にわらべうたあそびを楽しみたいと思い、会をつくりました。

 

私事ではありますが・・・  食養

9月より、自宅を開放し、
野菜と豆とでできている、
薄味の健康的な家庭料理をお出しする
お店を開業しました。

娘のアトピーを、
食事改善でなしたいと思い料理を学び
毎日つくってきた中で、

外食できるお店の中にはあまりないような
母だから、自宅だからこそ割り切ってお出しできる
「健康第一!」のお食事を
皆さんにも食べていただきたいと思っています。

事前予約制で面倒なのですが、
一度お試しいただけると嬉しいです。

「くまの食堂」
http://kumano-gohan.com/

WAK同様、
こちらもよろしくお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します
0

 

ローフードマイスター秋津校  食養

わたくし事ですが、日本リビングビューティー協会認定のローフードマイスター秋津校を開設しました。

わらべうた同様、こちらも頑張りたいと思ういますので応援してください。

「ローフードマイスター秋津校」ブログ
http://ameblo.jp/raw-miharu/

クリックすると元のサイズで表示します
↑加熱しないでつくる大根ラビオリ風

またアレルギー疾患などの改善におすすめの、油・砂糖・動物性たんぱくを使わない料理講座もやっています。

クリックすると元のサイズで表示します
↑ローフードとマクロビの「いいとこどり」のミハルン流健康ご飯。
1

 

野菜が多い食事とは?  食養

私のローフードマイスター1級取得のため、数名の方に生の果物や野菜を意識して摂る「21日間デドックスレポート」をお願いしています。
お願いした方はわりといい食生活で、便もほぼ毎日出ていたので、先日様子を聞くとまだ大きな変化はないようでした。
それでも「疲労感」「気分の落ち込み」「花粉症」「若干体重を落としたい」など、若干改善の余地はあるので、ぜひ生の食べ物に豊富に含まれる食物酵素やビタミン、ミネラルを摂って、より快適に過ごしてほしいです。

でも生のものを多く摂る、食事の中心を野菜にする・・・っていうのは、いまひとつピンと来ていない様子。

そこで、これまでも何回かうちのごはんをアップしていますが、参考にしていただけるようにもう少し載せようと思います。

↓は娘の10月31日の食事内容です。
娘はアトピー改善のため、私より忠実に健康的な食事を摂っていますので、とってもいいお手本。
私のように「今日は友達とランチで、イタリアン!」みたいなこともないし。
(学校では女子高で、休み時間や昼食にお菓子を食べるらしく、甘栗やナッツなどを持っていって、そこは「しんぼう」しているようです。すごい!!)

クリックすると元のサイズで表示します
↑朝食
午前中は基本的にフルーツのみ。
このくらいの量でも昼まで持ちます(最初は空腹感がありますが、徐々にそれが心地よく、体が軽い感じになっています)。

クリックすると元のサイズで表示します
↑昼のお弁当。
自宅で精米した五分づき米、手づくりのワカメふりかけ
水菜とねぎと油揚げの煮びたし(重ね煮で味は塩とダシと醤油)
ジャガイモのトマト味噌煮(トマト缶、じゃがいも、玉ねぎを重ね煮で味噌のせて煮込むだけ)
和風サラダ(レタス、サニーレタス、ベビーリーフ、ヒジキ、ワカメ、おかか)
手づくりドレッシング(玉ねぎ、リンゴ、にんにく、醤油)

おやつにクルミと干しレーズン

クリックすると元のサイズで表示します
↑夕食(手はパパですが…)
玄米、白菜と根菜のみそ汁
白菜とパプリカの和え物(生を塩こしょうとレモン)
サラダ(レタス、サニーレタス、水菜、くるみ)
なんで和えたかな?たぶん塩、レモン、オリーブオイルにフラックスシード(オメガ3が多い)の粉をかけたかな…
大豆とヒジキの煮もの(人参、ごぼうを重ね煮で醤油麹のみ)
お弁当の残りの煮もの

この食事でパパも高校生の娘と中3の息子も大丈夫なので、現代の家庭では、うちが特別なのかもしれません。
「家族の嗜好が合わない」、「肉や魚がないと食事にならない」と言われそうです。

これがいいと医学的に断言できるものではありませんが、家族は元気で、アトピーもゆっくりですが、改善しています。
あくまで参考としてご覧ください。

1

 

モデル決定!  食養

おかげさまで、21日デドックスレポートのモデルになってくださる方が見つかりました!

はじめにカウンセリングをさせていただくのですが、説明したり質問に答えたりすると、自分の勉強不足のところなどもわかり、ありがたいです。

その中で水分を書きこむときに、水とハーブティー以外は水分に入れないと話すと、みなさんびっくりされます。

いろいろ理由はありますが、カフェインのことを調べなおしたので書いてみますね。

なんでコーヒーや紅茶が水分補給にならないか?
カフェインは中枢システムを刺激する物質でコカインと似ていて、心臓の鼓動速度を速めることをはじめとして、多くの病気と関連しているらしい。
また常用癖もおこす。
毎日飲まないと気がすまない、落ち着かないという方は、すでに常用癖カモ…。

食事中一緒にコーヒーを飲むと、食べ物は完全に消化されないうちに胃から追い出さ、腸の運動力を遅くさせる。
コーヒーそのものは腎臓を早める通過するのに24時間かかる。
人はアルカリ性が望ましいがコーヒーは酸性。

最後に沸騰した水は金魚が生きられない…。

飲んでもいいけど、たくさん飲むのはやめてほしいです。

でも水分について「フィット・フォー・ライフ」(グスコー出版)では、「体が求めているものは、果物と野菜の水分」と書いてあります。
体の70%は水でできているので、70%くらいローフードで水分の多い果物や野菜を摂っていれば、のどが渇いていないときにの水を飲まなくてもいいとのことなのです。
どちらかというと私はこの説が好きだし、私の体もそう言ってる気がします(笑)
でも、加熱した野菜は水分を奪われてしまうので、そんなに水分の多い果物や野菜を摂るのは多くの人が難しい…。
なので、水で補う方がいいと思います。

水をたくさん飲むと排尿回数が増え心配に思う方もいますが、それだけ解毒されているのだと思います。
ただ、夕飯あとにたくさん飲むと、夜中起きてしまうので、特別飲まなくてはいけない病気などの方以外は控えた方がいいでしょうね。

水分ひとつでうるさいな〜と思わず、体の水は生きる上でどんな働きをしてくれるのか考えてみよ〜う!

クリックすると元のサイズで表示します
↑国分寺「お鷹の道」。
生き物はみんな水の恩恵をうけて生きてますよね。
昔は日本の川はどこでも飲めたのに、今は飲めるところはほとんどないとか。
残念です。
1

 

21日間デドックス  食養

今ローフードマイスター1級を目指し、認定講師のもとで学んでいます。
並行して学んで3年になる陰陽調和料理とローフードで、家族の健康を維持し、第一目的の娘のアトピーもだいぶ改善されました。

この1級取得のためには、基礎応用知識を学びます。
その他に4名の方の21日間デドックスケアをしなくてはならないのです。
このブログを読んでくださっている方で、どなたか協力していただける方はいないでしょうか?

まずローフードとは何でしょう?
ロー=生の フード=食べ物
自然の食材を生のまま丸ごと食べること。
生きたビタミン、ミネラル、食物酵素をまるごと体内に摂り入れる食スタイルです。


48度以上の加熱をすると、酵素はなくなってしまいます。
栄養素も7割ほどなくなると言われています。
食事の中に生のものを食べる習慣を取り入れ、食材の栄養をたくさん摂ると健康でスリムになることが可能です。

まずは今どんな食生活を、生活環境にあるかお聞きします。
その後21日間でどんなふうに変わりたいか希望を出してください。
で、少しでも目標に近づけるようどのような食生活をしていけばいいかアドバイスさせていただきます。
もちろん無理をするようなことはなく、たぶんこれまであまりなかった「生のものを意識的に取り入れる」食事をするだけでOkです。
目標にいたらなくても全然大丈夫。

たとえば食事に生サラダと手作りドレッシングを一品追加してみるとか、朝は食欲のない人が果物だけにしてみるとか。
今話題のグリーンスムージーも飲んでみませんか?

興味のある方は、お気軽に以下までメールください。

hiranuma@ab.auone-net.jp

私の食事の基本的な考え方を以下に書きますが、このことが納得できなくても、まずは21日間お試しでやってみてください。

ちなみに私は155センチで44〜45キロをキープしていて、元気ですよ〜!

人間は特別な存在?
人間も動物です。
人間は肉食?草食?
人間の食べものを消化する器官の歯、胃腸はチンパンジーそっくりです。


野生の動物に病気・肥満はありません(ほぼ老いも)。
病気・肥満などをなくすには不自然な食生活を少なくし、野生に近い自然な食生活に近付けることです。
多くの人が加熱した食べものや加工されたたべものを多く摂っています。
特に工場で加工されたようなものには「命」がありません。

消化器官が同じ(DNAも99,4%くらい同じ)野生のチンパンジーは何を食べているでしょうか?
資料では果物(木や草の実)が50%、葉(花)が40%、植物の茎や木の皮や種子が6%、昆虫4%くらいのようです。
もちろんすべて生です。

昔中国に100%この生活をしていた徳の高いお坊さんがいましたが、100歳以上まで生きられたそうです。
すばらしいことで、もしそうできたら真の幸福だと思います。
なんといっても地球にやさしい!!
でも今のところ私はそうなりたいと思えないようなので、自分の考える食事の楽しみは残して、友人とランチとかもしています。
なので、すごいこと要求するわけではないので、安心してくださいね〜!
0

 

ローフードマイスター教室初日  食養

以前ローフードを習いに教室に行くことを書きましたが、おとといその初日でした。
中心は学習で、初日はローフードの基礎知識、酵素栄養学でした。
特に酵素の話が面白かったです。

今話題の「酵素」。
酵素は生きているものすべてに存在しています。
そして毎日毎日の生命活動、つまり息をしたり、手足を動かしたり、瞬きしたり、食べ物を食べて消化して栄養を吸収して排出して…これらすべてを酵素が働いてできているのです。

酵素がない、酵素がつきること=死を意味します。
以前は人の中にある酵素は一生分が決まっているので、酵素がなくなる=死ですから、なるべく酵素が減らないような生き方をして、健康に長生きしましょうと言われていました。
しかし医学や科学は日進月歩で、今は酵素は新しくつくられていると考えられるようになりました。
でもバンバン簡単に作ってくれるわけではなさそうで、酵素の消費をなるべく防いだ方がいいのは変わりません。

酵素は普通に生きているだけで消費していくのですが、たとえば暴飲暴食、過度のストレスなどでは、より大量の酵素を必要とします。
特に消化するための酵素は大量に必要で、たくさん食べればその分その消化には酵素を必要とします。
さらにジャンクフードなどは非常に酵素を浪費します。
でも、果物と野菜ならもともと分子が小さく、生であればそれ自体に酵素を持っていますので、消化の時に自分の力でも消化されてくれ、その分体内酵素を使わないですむのです。
その面から食事に中に生の果物や野菜を積極的に取り入れたいものですね。

クリックすると元のサイズで表示します
↑初日につくったお料理。
当然ですが、スープも火を使わずにつくるんですよ〜。
「おいしく、楽しくローフード!」を目指しま〜す!
0

 

アトピーを治したくて  食養

娘がアトピーなのですが、2年前の食事改善からだいぶ良くなりました。
でもあと一歩がなかなか治りません。
そこで知り合いにすすめられたアトピー社会復帰支援施設の「メダカの学校」に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑岐阜の中津川にある自然豊かなところで、ログハウス調の施設です。

クリックすると元のサイズで表示します
↑そばに畑があり、そこでとれた無農薬野菜を出してもらえます。

クリックすると元のサイズで表示します
↑いただいたお昼ご飯。
野菜中心で、調理法も味付けもシンプル。

私は糖分油分はまったく摂らない方がいいと思っていましたが、質のいいきび砂糖や油は使っていました(アトピーは摂らない方がいいという先生も多いです)。
アレルギーでは除去食をすることが多いのですが、メダカの学校では除去というより「体をつくる細胞が喜ぶ食事をしよう」ということ。
私たちの体は約60億個の細胞でできていますが、それをつくるのはもちろん毎日口にしている食事です。
細胞が喜ぶものとは、化学薬品(農薬や化学肥料など)に侵されていない「プレントベースでホールフードの食事」です。
いきいきした野菜、果物、精製されていない穀物などを食べましょうということなのです。
今食べようとしている食べ物は「いきいき」してるかな?って考えると簡単ですよ。

また大事なのは腹7分目くらいにすることだそうです。
消化はかなりのエネルギーを使用するので、満腹ばかりだと皮膚や病気を治すエネルギーを十分得られないということです。
私たちはここでの2泊3日で、なんと2キロ痩せました。

成人の重度のアトピーの方が6名ほど泊まりがけで治していていましたが、娘や息子にも親切にしていただきました。
泊まっている間厳しいルールなどはないのですが、みな自主的に料理をしたり、掃除をしたり、畑仕事をしたりしています。
もちろん洗濯など自分のことは自分でします。
こういう自律も治療のひとつのようです。

ここで聞いたことを参考に3ヶ月くらいは食事内容を厳密にしていきたいと思っています。

メダカの学校
http://www.medakanogakkou.jp/

ちなみに童謡「めだかの学校」は、1950年(昭和25年)に茶木氏によって作詞され、1951年(昭和26年)3月、NHKのラジオ番組「幼児の時間」のコーナー「歌のおけいこ」で発表されたそうです。
神奈川県小田原市荻窪の荻窪用水で茶木氏と息子さんのやりとりを歌にしたとのこと。

メダカは2003年には絶滅危惧種となってしまいました。
今は親子でほのぼのメダカを見ながら会話するという光景はほぼ見られないのですね…。




1

 

ロ―フ―ド教室見学  食養

食養というカテゴリでは、いろんなことを書きました。
ずっと前に「果物は控えめに」と書いたのに、この前は「食べ方を守れば、たくさん食べてもよし」と書いている私・・・。
気持ち的には、自分の知りえた情報をみなさんの健康維持に役立ててもらいたいということで書いていますが、「これが正しい」ということもなく、私も新しい情報を得るたびにさまざま揺れています。

で、数ヶ月前に「フィットフォーライフ」の本を読み、「ナチュラルハイジーン」に注目し、食卓にローフードを取り入れていますが、もっと学ばないとわからない・・・と、昨日練馬のローフード教室の見学に行ってきました。

たまたま『志乃のローフードキッチン』というブログを見つけ、この方に教わりたいと思ったのです。

http://healthyliving.cocolog-nifty.com/blog/

彼女もお子さんがアトピーで勉強を始めてたので、娘のことも人ごとに思えないと、時間をオーバーしてたくさん情報をくれました。
もちろん教室の説明も受け、ぜひぜひ通いたいと思いました。

見学ではスムージーとローのスイーツが出て2000円でした(教室を受講すれば戻ってきます)。

クリックすると元のサイズで表示します
↑同じようなものをつくりますが、志乃さんのはもっとおいしい。

志乃さんは「こうでないとダメ!」ということがなく、体や気持ちに聞きながら食事改善をしていて、それが私の求めているものと合致します。
「生は体を冷やすからダメ」反対に「生でないと酵素がないからダメ」とか極端なのは生活に取り込みにくいし、体の欲求にこたえていない気がします。
ここで自分に都合よく、体が甘いものを欲しがってる〜とか言ってお菓子を食べちゃうのは意味が違いますよ〜(笑)

教室は9月から。
とても楽しみです!!


0

 

ローケーキつくりました!  食養

これは食養ってことでもないんですが、あきらかに市販のものより体にいい…。
娘の誕生日のケーキです↓

クリックすると元のサイズで表示します
いちごがいっぱいですが、「バナナクリームタルト」です。

最近始めたローフード。
といっても、食事の半分に満たないくらいです(朝は果物だけなので、ローフードですが)。

このケーキの材料は、ココナッツパウダーとかデーツとかちょっと変わっていますが、このデーツが自然の甘みなのに、とってもとっても甘くて、砂糖の代わりになるんです。
ドライフルーツで自然食のお店にあります(小さいお店にはないかも)。
またよく売っているレーズンやプルーンも水に浸しておくと、甘い汁になり、こちらも砂糖代わりに使えます(砂糖漬け、オイル漬けなどもあるので避けましょう)。

家族に好評で「売れる!!」と言われました。
やっぱり甘いものはおいしいな〜。
でも毎日食べると体に負担をかけますので、週1にしています。
0

 

安心なバナナを食べよう  食養

買い物に行くと、小さなお子さんを連れたママのカゴにバナナが…。
バナナは市販の加工されたお菓子にくらべ、とてもいいおやつです。
自然のもので酵素もあり、もちろんミネラルなどの栄養もありますから。

でもできれば有機でつくったもの、無農薬のものを選んでほしいです。

クリックすると元のサイズで表示します

↑生活クラブのデポーで購入した、「バラコンバナナ」という名前のバナナです。
海外の提携農家で無農薬でつくられています。
輸入の際少し薬をかけますが、さほど害はないとのことです。

見た目が悪いと思いますが、バナナは黒い斑点が出ていないのは熟していないので消化が悪いと言われています。
また果物全般食後にデザートとして食されていますが、野菜以外のものと一緒に食べる、または食後に食べると、果物の消化時間が早いため、他のものの消化時間と合わず胃の中で発酵してしまいます。

果物は午前中、または空腹時に単独で食べることをおすすめします。

デポーはスポーツセンターそばにあります。
会員制ですが、3回はお試しで買えるみたいです。
有機バナナは税務署通りに「そらや」という自然食品のお店にあります。
大きいもの3〜4本で370円くらいだったと。
「1本百円か〜」って思うかな?
でも小さなクッキーとかも2個とか食べるとそんなんじゃないですかね。

今は安全な食はお金で買う時代。
安いものには、それなりの理由があると思いましょう…。

来週は大宮の子育てサークルさんのわらべうた講座に出かけます。
初めて会う方なので緊張しま〜す。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ