2012/5/3

わが母の記  日本映画


「わが母の記」

   クリックすると元のサイズで表示します

<あらすじ>

昭和39年。小説家の伊上洪作(役所広司)は
実母の八重(樹木希林)の手で育てられなかったこともあって
長男ではあるが母と距離をとっていた。
しかし、父が亡くなったのを機に、伊上は母と向き合うことになる。
八重もまた消えゆく記憶の中で、息子への愛を確かめようとしていた。

(yahoo映画より)


作家・井上靖が自身と家族との実話をベースに綴った自伝的小説を役所広司主演で映画化した家族ドラマ。

幼少期の出来事により母親との間に大きな溝を抱える中年作家と
年老いて記憶もあいまいな母親との関係を中心に、家族の深い絆が描かれます。

物語の初めの段階で作家の洪作は亭主関白な父親で
娘たちにはとても厳格でした。

洪作は自分の家族のことを小説の題材にしているので

末っ子の琴子はそれを嫌って、父親とは距離を置いています。

母親である八重は痴呆症の傾向があり
夫の死を境に症状はどんどん深刻化していきます。

歳を重ねていくうちに厳格だった洪作は丸くなっていき
八重は痴呆が段々と進み、さらに身体が小さくなっていきます。

初めは物忘れから始まり、家族の認識がつかなくなり
ついにはあっちこっち徘徊するように症状は進んでいくのです。

「お母さん、だんだん壊れていく」

と言う娘の言葉が、それをよく示していて

肉体・精神の崩壊が樹木希林の演技も合い重なって
凄みを増していきました。

洪作は、そういう母に接して年老いた母親を想いやっていくうちに

家族に対しても優しい目で見られるようになっていったのでしょう。


洪作は幼い頃に一時的に母親の手から離れて別の女性に育てられていました。

自分は母親から捨てられたんだ・・・という思いが

ずっと彼の中にあって「わだかまり」として残っていました。

でも、息子がどこの誰であるかもわからなくなった母が

「どれだけ息子のことを思い、息子を愛していたか」

を知った洪作は、初めて真の母の思いに触れ嗚咽するのです。

このシーンはウルウル来ましたねぇ。

観客の皆さん、一斉に鼻水をすすっていました(笑)

伊豆や軽井沢などの風景はとても綺麗で、

昭和風の映像は、モノクロ映画を見てるような懐かしさがあって
心地よく鑑賞できました。

痴呆が進んでいく老人は、家族にとってお荷物的な存在になりつつあるけど

樹木希林の雰囲気が面白くて、暗くなることなく楽しめました。

それにしても観客の年齢層が高かった〜〜。

私は超若手の方だったかも(笑)





0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ