2007/7/4

図鑑に載ってない虫  日本映画


「図鑑に載ってない虫」を観てきました。

クリックすると元のサイズで表示します


「図鑑に載ってない虫」

ライターの「俺」は、「月刊 黒い話」の美人編集長から
「一度死んでも生き返れるという“死にモドキ”を使って
臨死体験をルポしろ」というとんでもない依頼を受ける。
「俺」はアル中のオルゴール職人エンドーを無理矢理巻き込み、まずは“死にモドキ”調査中に消息を絶った、カメラマンの真島を探し始める。2人は、元SM嬢でリストカット・マニアのサヨコや、おかしなヤクザ&その子分らと遭遇しながら
“死にモドキ”を捜索するが…。

(goo映画より)

三木作品にはお馴染みの方々が、たくさん出演していらして
相変わらずの面白い演技を見せてくれていました。

三木ワールドと言えば、ぬる〜い脱力系コメディがウリなんだけど、結構、力が入ってましたね。

ジョー友さんとも話してたんだけど、主役の伊勢谷友介が
この笑いには、ちょっと合ってなかったような・・・。
肩に力が入りすぎのような気がしました。

これがジョーくんなら、もっと飄々としてて
まったりしたダメダメ感が出たんじゃないでしょうか。

まあ、ファンの欲目と言えば、それまでなんだけど(笑)

正直言うと、私は伊勢谷氏が、ちょい苦手なんですよね。
演技がどうのこうのでなく、あまり好きなタイプじゃない・・・
と言うような偏った感想でスイマセン(汗)

松尾スズキのくだらない行動や言動には、大いに笑えたし
菊地凛子も「バベル」の時よりも良かったんじゃないかなぁ。

それにしても、私が日頃思ってるような馬鹿馬鹿しい事を
ちゃんと映像化してくれる三木監督は凄い!

ネタバレになるから、詳しく書けないけど
生臭そうな人魚とか、わさびおろし、ナンボジアかん民とか
ゼリー藤尾(これには思わず大声で笑わせてもらいました)
などの、小ネタがいつも通りに楽しませてくれますよ。

三木監督の発想は本当に面白い!
頭の中を見てみたいものだわ。

「映画は映画館で!」と言うのが、私のモットーなんだけど
三木作品に限っては、家でDVDを見る方がいいかも・・・。

だって、1回観ただけでは小ネタは拾いきれません。

あっ!そうそう・・・
最初に出てくる美人編集長役の水野美紀嬢が面白かった!

オダギリファンになるまでは、彼女は好きな女優さんでした(笑)
さっぱりしてて、オトコマエな女性という印象を持ってましたね。

この作品でも、「よくぞ!ここまでやったね」と拍手を贈りたくなりました。
本当、笑わせてくれますよ。

で、最終的な感想としては・・・
やっぱり「時効警察」が最高!!ってことですか。
(なんのこっちゃ〜〜)

「図鑑に載ってない虫」公式サイト
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ