2007/7/26

レミーのおいしいレストラン  アニメ (外国)


「レミーのおいしいレストラン」

クリックすると元のサイズで表示します


「レミーのおいしいレストラン」

すぐれた鼻と舌を持つネズミのレミーは、一流シェフになるのが夢。ひょんなことからパリにたどり着いた彼は
今は亡き名シェフ・グストーの幽霊に出会い、彼のものだったレストランへ導かれる。
そこで料理の才能ゼロの見習いシェフ・リングイニが
店の大事なスープを台なしにしてしまうのを見たレミーは
思わず味を整えに走る。レミーの才能を知ったリングイニは、二人でパリ一番のシェフを目指す…!?

(goo映画より)

とういような奇想天外なストーリーなのですが
ピクサー作品はトイストーリーからすべて見てるので
今回も期待して先行ロードショーで見てきました。

ピクサーやディズニー作品の王道な流れで安心して観れるのですが、
やっぱりピクサー!それだけではない!!

とにもかくにもキャラクターが魅力的!どんな悪人でも可愛らしく見えてしまい、憎めません。


内容も良く、レストランの様子や厳しさも良く出てましたね。

作られる料理も美味しそうで、観終わった後におなかが鳴りました(笑)

ネズミのレミーも可愛く描かれているんだけど
実は、わたし・・・ネズミが苦手なんですよねぇ。

ネズミ系ということでハムスターなんかも。あまり好きじゃないんですよ。

だから、いくら美味しい料理でもネズミが作ってるかと思うと
あまり食べたくないような・・・。

「じゃあ、ミッキーマウスはどうなん?あれだってネズミやで」と
息子に突っ込まれましたが、ミッキーは大丈夫!!

だって、ミッキーの見た目はネズミっぽくないも〜〜ん。

でも、レミーはやっぱりネズミ!
大量のネズミが厨房で働いてるシーンでは、ちょっと寒気もしました(笑)

あ〜〜夢のないことを書いてるなぁ・・・。
ストーリーはとても面白くって映像はすごく綺麗だったのに・・・

ネズミが大丈夫な方には是非、お勧めですよ〜(爆)

でも、この作品は子供だけでは勿体無い!
と言うより、大人向きかもしれません。

あと原題は『Ratatouille(ラタトゥーユ)』らしいのですが
なるほどって思いましたね。

このラタトゥーュが映画の鍵になっています。

私もラタトゥーュが作ってみたくなりました。

トマトやズッキーニーもあるし、チャレンジしてみようかな。

映画の中で、今は亡き名シェフがレミーに言います。

「誰でも名コックになれる。
その中で更に勇敢な者だけが一流になれるのだ」と。

だったら、私でも美味しく作れるかもっ。


「レミーのおいしいレストラン」公式サイト

0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ