2006/10/4

グエルム 漢江の怪物  韓国映画


「グエルム 漢江の怪物」を観てきました。


     クリックすると元のサイズで表示します


「グエルム 漢江の怪物」

韓国で一番大きくて美しく、一年中穏やかな河、漢江。
休日には家族連れや恋人たちでにぎわう
“平和の象徴”漢江の河川敷で売店を営むパク一家は
のんびりとした時間を過ごしていた。
しかしそんな人々の前に突然巨大怪物<グエムル>が出現し、パク一家の希望の星ヒョンソをさらい姿を消してしまう。
家長のヒボン、長男でありヒョンソの父親カンドゥ
次男ナミル、長女ナムジュは愛するヒョンソを失い失意のどん底に陥るが、悲しみの癒える間もなく
グエムルの未知のウイルスを恐れた政府に隔離されてしまう。しかし、そのカンドゥのもとへ愛娘ヒョンソから携帯電話の着信が入る。
ヒョンソを助けるため隔離病院を脱出したパク一家は
厳戒態勢の漢江へと潜入を試みる。果たして一家は政府の執拗な追及を逃れ、ヒョンソを取り戻すことができるのか!?

(Yahoo!ムービーより)

今年のカンヌ国際映画祭で、絶賛を浴びたそうです。

もっと怖いパニック映画かと思えば
喜劇であったり、悲劇であったり、家族愛がテーマの人間ドラマでした。

米軍の命令で漢江に大量のホルマリンが捨てられ
突然変異で恐ろしい怪物が誕生します。

この気持ち悪い怪物は鯖なんだって・・・。
でも、なぜ河に鯖がいるんだろう(笑)

そのグエルム(怪物)にさらわれた娘ヒョンソを救出するために家族が力を合わせてグエルムに立ち向かって行きます。

このヒョンソの父親役のソン・ガンホssi
韓国映画を代表する名優です。

どんな役でも存在感があり上手い役者ですが
今回も、まともに店番もできない情けない男。
それでいて娘を心から愛する優しい父親が合っていましたね。

叔父さん、叔母さん、おじいちゃんも
ヒョンソを助けるために奔走するのですが
何だかこの家族は、おとぼけで笑ってしまうんですよ。

この作品には娯楽性の裏に在韓米軍に対する批判
韓国政府への風刺などが盛り込まれてるようですが

あまり怖くなかったので、私は楽しく見られました。

お涙頂戴ものが多い韓国映画の中で
時には、こんなキモ面白い映画もいいんじゃないでしょうか。

公式HP
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ