2006/10/27

地下鉄に乗って&涙そうそう  日本映画


「地下鉄(メトロ)に乗って」と「涙そうそう」を見てきました。

まずは「地下鉄(メトロ)に乗って」

     クリックすると元のサイズで表示します




絶縁状態の父親が倒れたという知らせを受けた日
小さな衣料品会社の営業マン・長谷部真次は
いつものようにスーツケースを転がしながら地下鉄で移動していた。
そこに突然、亡き兄が姿を現す。
兄の背中を追って地下通路を抜けると
そこは昭和39年の東京だった。
ほどなくして真次は無事現在に戻ってくるが
後日、今度は恋人の軽部みち子も一緒に昭和21年に遡り
闇市でしたたかに生きる若き日の父・小沼佐吉に出会う。

(goo映画より)

これは「鉄道員」などでお馴染みの浅田次郎の原作を映画化したもの。

主人公は過去と現代を何度も行き来して
自分の親の生き様や
反発し拒み続けた父親の心情を知り
隠された愛情に涙するという話しなのですが

何とも、不思議な映画でした。
どこにいてても過去にタイムスリップしちゃうんですよ。
夢の中なのか現実なのはわからないほど・・・

不倫中の恋人みち子も同じようにタイムスリップして
過去を遡る内に、出生の秘密や両親の愛情に触れるのですが、ラストの意外な展開を見て、やっとこの映画がSFなんだと気付きました。

昭和39年に中学生だった主人公(堤真一)であれば
現在のあの年齢はおかしいとか
もし、90年代初頭の設定なら、あの携帯電話は変じゃない?とか、ちょっと辻褄が合わないよなぁと
一緒に見てた友達と突っ込んでしまいましたが

そんな細かいことに目をつぶれば
懐かしい香りのするファンタジー作品でしたね。

みち子役の岡本綾は、儚げで透き通るような美しさでした。
彼女だよね?例の梨園の方と不倫の噂があったのは・・・

設定が不倫だけに、ちょっと思い浮かべてしまいました(笑)

公式サイトはこちらです


そして、もう1本

「涙そうそう」

クリックすると元のサイズで表示します


いつか自分の店を出したいと夢を抱いて那覇の市場や
居酒屋で朝から晩まで元気いっぱい働く洋太郎。
そんな彼にとって自分の夢より何よりも優先すべきは大切な妹・カオルの幸せ。
まだ幼い頃、どんなことがあっても妹を守ると
母と交わした約束を忘れることはなかった。
その妹が高校進学を機にオバァと暮らす島を離れ
洋太郎と一緒に暮らすことになる。
久々に再会したカオルの美しく成長した姿に洋太郎は動揺を隠せない。

(goo映画より)

妻夫木聡と長澤まさみ主演の話題作。
先週の週末映画ランキングで1位になってましたね。
その割には昨日の映画館は観客がまばらでした(笑)
平日だからでしょうか・・・

血の繋がらない兄妹のお話しです。
韓国映画では、お馴染みのシチュエイションですが
そこに恋愛感情のもつれはありません。

兄は妹のために身を粉にして働きます。
妹を大学に進学させる事を夢見て・・・。

どんな時でも妹を想うニィニィと、その兄を心から慕う妹。
子供時代の二人も、とても健気で可愛い。

人の良い兄は悪い男に騙されたり、恋人の父親から交際を反対されたりと
懸命に生きる二人に悲しい現実が襲い掛かります。

いつでも、自分の事よりも相手の幸せを願う姿に
少し淡い恋心のようなものがあると思いますが
その気持ちに気付かないほど、二人は純真なんですよね。

ラストは悲しい展開でタイトル通り涙そうそうになるんですけど
私は、例のごとく泣けませんでした(笑)
でも、「涙そうそう」は大好きな歌なので
夏川りみの澄んだ歌声と
「泣きたいときは泣けばいい。どんなに悲しくても
人は生きて幸せになることができる」と言う
オバァの優しく歌うように語りかける姿にウルウルきました。

沖縄の海と、人々のあたたかさ、台風のすさまじさが
印象に残る作品でした。

涙そうそう公式サイト

映画館でまたいっぱい予告編を見て
見たい映画が目白押しです。

今年はあと何本見られるかしらぁ〜〜



0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ