米焼酎  焼酎
秋田県といえば日本有数の米どころの一つですが、
当然のことながらおいしい米焼酎も作られています。

米蔵(こめぞう)は、秋田のブランド米「あきたこまち」を使った、
代表的な米焼酎です。

あきたこまちといえば、その甘みと香りの良さが特徴の米ですが、
米蔵はその風味と香りがそのまま生かされています。

お米の持ち味を生かすために、
常温蒸留と減圧蒸留の原酒をブレンドし、
味の丸みを引き出しました。

ロックやお湯割り、ストレートで香りを楽しむのがおすすめです。
お湯割りで飲むと米の炊きあがりのような風味、
ロックやストレートで飲むと米の甘さを感じることができます。

また、割り水は栗駒連峰の湧き水「栗駒神水」を使用しています。
栗駒連峰といえば東北屈指の豪雪地帯で、
山頂の雪解け水が地中に染みこみ、
ミネラル分をたっぷり含んでいます。

原料の米と水にこだわった米蔵は、
おすすめしたい本格米焼酎のひとつです。
0

 

そば焼酎  焼酎
最近の焼酎ブームにより、
日本全国にはいろいろな種類の焼酎があります。

そんな数ある焼酎のなかから、
人気のそば焼酎をいくつか挙げてみます。

・雲海(雲海酒造)
あのCMでおなじみの雲海ですね。
そば本来の味わいが十分に引き出されており、
さわやかでまろやかな飲み口です。

・刈干(高千穂酒造)
厳選されたそばのみを使用したそば焼酎です。
阿蘇山の天然水で原酒を仕上げた逸品です。

・信州白峯(喜久水酒造)
樫樽長期貯蔵の熟成原酒をブレンドして、
中央アルプスの天然水を割り水に使用しています。
まろやかですっきりした口当たりの焼酎です。

・すいちょう(千代むすび酒造)
鳥取県日野郡産そばを使用、昔ながらの製法で造っています。
そばの良い香りが漂ってきます。

・玄庵(アサヒビール)
減圧蒸溜法で軽くさわやかな口当たりを醸し出し、
常圧蒸溜法で瑞々しいそばの香りを引き出しています。

・そば黒 御幣(姫泉酒造)
天保2年創業という歴史ある酒造です。
そば黒という名の通り、黒麹を使っています。
そばの風味が活かされ、ほのかな甘みを楽しめます。

他にもたくさんの種類のそば焼酎があるので、
その風味や味わいを飲み比べてみてください。
0

 

麦焼酎  焼酎
麦焼酎の原料として使われるのは大麦です。
麦茶などに使われている六条大麦ではなく、
ビールの原料にも使われる二条大麦を使用します。
この「二条」や「六条」というのは、
穂に付く小花の並び方から来ているのだそうです。

二条大麦は表面の殻が薄くて、
六条大麦と比べて粒が大きくてやわらかいです。
また、でんぷん質の含有率が高くて、
たんぱく質が低いのが良質の大麦とされています。
二条は寒さに弱いため、西日本で栽培されることが多いようです。

麦焼酎は、麦独特の香りを持ち、まろやかで甘味があり、
淡麗で軽やかな風味が特徴です。
麦焼酎の主な産地は、大分県と長崎県・壱岐が挙げられます。

大分県の麦焼酎は、麦100%の麦焼酎が主流となっており、
減圧蒸留という製法で造られており、
くせがなく、ライトな口当たりが人気です。

一方、壱岐の麦焼酎は歴史が古く、島の文化として定着しており、
「壱岐焼酎」と呼ばれて産地指定を受けています。
壱岐焼酎には厳しい決まりがあって、
原料に米と麦を1:2の割合で用い、島内の水を使って仕込み、
島内で蒸留、容器詰めをしたものだけが名乗ることを許されます。

麦焼酎は、麦の特徴が色濃く出る、くせの強い焼酎だったため、
あまり一般的に飲まれることはありませんでしたが、
蒸留や貯蔵の技術の進歩により、飲みやすい麦焼酎が生まれ、
そして現在のように広く飲まれるようになりました。
0

 

鹿児島の焼酎  焼酎
鹿児島県といえば、芋焼酎の産地として有名です。
サツマイモの産地としてもよく知られていますから、
当然といえば当然なのかも知れません。

サツマイモは傷みやすいので、鮮度が命といわれます。
朝掘った芋をすぐに蔵元に移して、
焼酎用に処理するのが理想とされています。

鹿児島で焼酎が造られはじめたのは、
今から500年ほど前といわれています。
当時は米やほかの穀物で焼酎を造っていたそうです。

しかし、火山灰で覆われたシラス台地では、
米の生産はとても困難だったようです。
そこで、サツマイモの栽培が始められ、
焼酎にサツマイモが使われるようになりました。

焼酎にはさまざまな品種の芋が使われています。
焼酎用に品種改良を重ね、現在の芋焼酎ができあがりました。
独特のくせやにおいのため、
芋焼酎が敬遠された時代もありましたが、
近年の焼酎ブームもあり、風味と味わいが再認識されています。

鹿児島でもう1つ有名なのが、
奄美諸島でしか造られることが許されていない黒糖焼酎です。
17世紀はじめから造られて来たといわれている黒糖焼酎は、
奄美の人々にとっては日常に欠かせない飲み物でした。

戦後、奄美諸島が日本に返還された際に、
酒税法上、黒糖焼酎はスピリッツと分類され、
酒税が高くなってしまいました。
しかし、米麹を使用することを条件に、
特例として黒糖焼酎は乙類焼酎の分類となり、
名実共に本格焼酎として認めらるようになりました。
0

 

焼酎を楽しむ  焼酎
お酒を飲む人の中でも、日本酒を飲む人であれば、
焼酎でもすんなりと受け入れることができると思います。
とくに、米焼酎は日本酒とそれほど風味が変わらないので、
抵抗を感じることはないと思います。

芋焼酎は麹(こうじ)の違いによって風味が変わります。
白麹、黄麹、黒麹といった種類があり、
白麹は香りがやさしいので、芋焼酎独特のにおいが苦手な人でも、
そんなに気なることはありません。
黄麹から黒麹へと、だんだん風味が強くなります。

ロックなどで焼酎を冷やして飲むと、
強い風味を少し抑えることができます。
慣れてくれば、温めたり、熱燗にするなどして、
風味を楽しむようにすればいいと思います。

焼酎の種類や飲み方というのは人それぞれの好みです。
いろいろな焼酎を、いろいろな飲み方で試してみて、
自分に合ったものを探してみるのがいいと思います。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ