主にスパロボ好きがゲーム、映画、適当なことを書いていきます               
                                ご覧のとうり犬マユファンでありJAM projectファンでもあるので好き勝手にやりながら燃えるものを探求してます(−−)               しかし、ただ暑いor暑くるしいってだけのは嫌いです

2014/9/6

ダンガンロンパ in ナンジャタウン2014行ってきました 前編  ナンジャタウン

一時閉館になる直前に行ったきりで久々にナンジャタウンに行きました

今日のお目当てはダンガンロンパとのコラボイベント しかしまず入口にて悲劇が

クリックすると元のサイズで表示します

えっなにこの紙切れ(−−)

カードじゃ無くなったんですねなんか駅の改札みたくスッと入れるんじゃなくスマホのようなのにバーコードでタッチする方式に

さっそく思い出ブレイカーされた所取り直してまずはグルリと1周

入ってすぐ前に見える豪華な階段も無くなっててまた思い出ブレイカー

見た感じ商店街にデザートのを詰め込んでやや狭くなったのともののけ番外地は無事でしたが全体的に小さくなりましたね 前のゴースト退治のも跡形も無い

一通り回ったので今日は夜に大雨降るとなってたので定番の蚊取り大作戦もやらず本命のリアル学級裁判に直行しました

自分の時は待ち時間60分でまぁ棒になってましたね

待ってる間に見渡して見るとだいたい女子ばっかでした 男3女7くらい

そして並んでるすぐ前に見える裁判場が2つありそこで参加者は議論してました
すぐ左の壁の向こうがお仕置き部屋になっており待ってる間に   (聞くと察せる)   と凄い音が鳴って待ってる人みんなビクッと反応しました ほんとヤバい音でしたよ(−−)

それで遂に直前の順番が来て待機して見ると自分含めて男2人に女7人 ほんとバランス悪いわ(−−)

そして遂にやる時にまずは進行の人のルール説明後上の画面にシャケを食われてお怒りのモノクマが裁判やっちゃうよ宣言

終わるとまずは練習ねと試しプレイになりタブレットをタッチすると自分の役は小泉真昼 あぁ男女キャラも分けてくれんのねとなりました

キャラの出席を進行がとる時に

係「えっと・・・さっ・・・さっ・・・さっ・・・」

女子「左右田(そうだ)ね」

(´−ω−) まぁ本編知らん人からしたら読めんかという一面が

ルールは長くなるので省きます まぁこれですがhttp://event.namco.co.jp/namja/danganronpa2014/images/preparation.pdf

そして自分は探偵になりさっそく誰かを調査しようとするも

ポチッ・・・ポチッポチッ・・・とんとんとん・・・ドッドッドッ はっ反応しない(−−;)

自分の席のタブレットは不調なのか押しても反応が超悪かったです  頑張って選んで待機してると開廷に 画面見るとキャラクターが並んでるだけになりました

えっ調査結果は(−−;)?  どうも仕様なのか解らず混乱してる最中もう議論始まっててそこに自分以外の唯一の男が取り仕切ってる状態でむっちゃ話してましたが自分に役を聞いてきて探偵ですがちょっと操作解らず結果が調査できないことを言うとこの人がクロで嘘ついてるんじゃないのかと話を進めました

いやっ違っ(−−;)とも言う前にお試しでしたので即座に議論終了 投票タイムで話に納得した女子一同はみんな自分に投票 で自分はなんか進めすぎてるなと男のほうやったら正解は相手の男がクロ

ほらやっぱり女子みんな流れに乗りやがってチクショー(−Д−;)と練習でしてやられすぐさま本番開始

次の役は澪田唯吹  あぁまぁ今度は血液型は一緒だねうん(−−)

そして今度はクロの役に 仲間にはセレスと江ノ島 しかしセレスは先ほどの男

欠席1人はいるんですがその役は舞園とある意味原作通りなことに

う〜ん今度は協力かと思って議論開始 そうすると女子みんなはさっきの練習が効いてたせいでやっぱセレスが怪しいよねと理由なく疑ってることに

自分もクロでしたし援護したかったのですが庇ったら庇ったで自分にまた疑い行くしなとずっと見守ってるままに時間である3分(短っ)終了

結果今度はセレスに票が集まりクロ側 つまり自分が敗北に

うまく援護できなかった自身の不甲斐なさに結構凹みました(−−) ついでにギャンブラーはシロに行ってたようですね

ということでシロ陣営に見られながらお仕置きという名の処刑されました

敗者の血みどろステッカー  

クリックすると元のサイズで表示します

狛枝による血みどろとか(−−;)

さてアトラクションが終わったので次は食べ物に行きますが長くなったので続きは明日に

では(−−)ノ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ