主にスパロボ好きがゲーム、映画、適当なことを書いていきます               
                                ご覧のとうり犬マユファンでありJAM projectファンでもあるので好き勝手にやりながら燃えるものを探求してます(−−)               しかし、ただ暑いor暑くるしいってだけのは嫌いです

2021/2/23

記録3003  記録的ななにか

今日は勇者ライディーンの11〜14話
スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021を見ました

11話でもうギルディーン出ましたが偽物としてではなく戦闘による被害で民衆の不満を募らせる作戦

信じてる子供助けて終わりましたけど反対派ほったらかしで対策しなくて良かったのだろうか?

それ以降はコメディ色が強くなっていき敵の動きもコミカルになってきました

まだ14話とはいえシャーキンあまり動きませんねアギャール将軍ばっか陣頭指揮してる

モブの部下が旧ジャイアンで祭祀ベロスタンが旧スネオだからどうも妖魔で魔法も絡みドラえもん感が(−ω−;)

ゴッドミサイルの使用頻度が上がってきてる

スーパー戦隊は映画の3本立て

まずキラメイジャーは普通

本編で映画で敵対しそうと思ってたのが案の定

ガルザの怒りのシーンは火薬の使いどころが間違ってるようなw

リュウソウジャーはナダの思い出的なエピソードのようでしたがまさかの15分と1番短め

せっかくの復活がこんなのて可哀想な戦隊だな・・・

短く出番も少なめな戦闘は残念

ゼンカイジャーは来週からの先行お披露目てとこですね

主人公が能天気と4人のメカ仲間は電王というかイマジンレベルにやかましくまぁ狙ってますね

武器が手回しするガトリングで玩具的に触りたくなるのと1人だけでも火力も弾幕も凄いので派手ですね

変身もキョウリュウジャーみたく音楽合わせ変身で結構ノレそうと前向きに捉えてます

ただ映画の目玉であったオールレッドは過去の集合タイプの中で断トツに酷かったです

実質事後で戦闘シーン無し、というか始まってみんな駆け始めたとこでゼンカイジャーとメインの怪人対決に変わり勝ったとこで再生幹部怪人とオールレッドが斬り付け途中でそのまま撃破で活躍は一切無かったです(−−)

そもそも復活というか一応平行世界から引っ張ってるぽいので再生とは違う位置ですが改心したやつをまた悪に戻してるから怪人選んだ人作品理解してないようですね

ゴーカイジャーとルパパトからバスコとザミーゴの人たちがノリノリで出たのはいいもののアッサリ撃破以前にやられた瞬間のみで決着とか再登場の意味がほんとに・・・

この過去作品の酷い扱いに磨きがかかってるように見えるからゼンカイジャーはスタート前にもう不安を抱く状態になったので来週からが心配です

漫画でゴジラVSモスラを買いました

ボンボンでやってたようなので購入

ちょうどこの作者が今度セブンガーが主役の漫画やるようなので楽しみですね

では(−−)ノ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ