こんにちは、WAKです。 みなさんと一緒にわらべうたあそびを楽しみたいと思い、会をつくりました。

 

北海道のわらべ歌(ジャンケンホコホコ北海道)C  おすすめ資料

さて、少し間あきましたが、島根から続きです。

『島根のわらべ歌』(柳原書店)

ジャンケンもって スッチャン ホイ
あいこで アメリカ ヨーロッパ
パリは名高い 大都会
インドの国は まっくろけ
ケンケンもって スッチャン ホイ

ソファファファ ファソファソ×
ソソファファ ファファファファ レファソ
ソファファファファファファファ レレファファレ
ソファファファファファファ レファレレ
ソファファファ ファソファソ×

各行の終わりでジャンケンをするそうです。
勝敗がついたらそれで終わりますが、
あいこなら、次の歌詞をうたってまたジャンケンをします。
最後まできてもあいこなら、
再度初めからうたい出すとのことです。

じゃんけんの掛け声で、
スッチャン ホイというのは、初めて聞きました。


『愛媛香川のわらべ歌』の愛媛

A:ジャンケン ピカピカ 北海道

B:ジャンケン じゃがいも さつまいも

ソーシー ラソミレ ミソラソラ(どちらも)

「ホコホコ」でなく「ピカピカ」が出てきましたね(笑)

香川にも

ジャンケンじゃがいも さつまいも

がありました。
音は一緒です。


『福岡のわらべ歌』

ジャンケンじゃがいも さつまいも
あいこでアメリカ ヨーロッパ
パンパンパン屋の 大泥棒

こちらは、各行ごとにジャンケンをするんですが、
勝敗を決めるのは最後だけ。

ついに、パン屋に大泥棒が出てきました(笑)


『佐賀長崎のわらべ歌』佐賀

ジャンケンじゃがいも さつまいも

ソーシーラソミレ ミソラソラ


ついに、最後の巻となりました!

『熊本鹿児島のわらべ歌』熊本

ジャンケンじゃがいも さつまいも
あいこでアメリカ ヨーロッパ
パッパの小父(おじ)さん ひげ三本
ボンボン時計が なりました
たんたん狸の 腹づつみ
みんみんみんなで 遊びましょ。

ソーシーラソミレ ミソラソラ(以下同じ)

最後を飾るのにふさわしい
子どもらしい変化を加えたうたです。
これは最後に勝負をします。

「みんみんみんなで 遊びましょ」とは!
おあとがよろしいようで(笑)
0

 

北海道のわらべ歌(ジャンケンホコホコ北海道)B  おすすめ資料

だいぶあきましたが、
ジャンケンホコホコ北海道の続きをご紹介します。

『長野岐阜のわらべ歌』(柳原書店)の岐阜。

ジャンケン じゃがいも 北海道は
寒いところだね

ラーソー ミミミソ ミーソミミーミー
ミーラソソーラーラーソーソ

岐阜のは音が他と違いますね。


『京都のわらべ歌』

ジャンケンホコホコ 北海道
あいこでアメリカ ヨーロッパ

ファーラーソファレド レーソーソ
ファファララソファレド レーソーソ


『奈良のわらべ歌』

ジャイシンほこほこ 北海道は寒いな
北の国 スキー場

ラーソーミソミソ ミーソーラーソミミソソラー
ミミソソラー ミミソソラー

お〜!北の国、スキー場とはおもしろい!

これはですね、
あいこになった時、
関連ある単語・言葉をさらに続けていくそうなんです。

奈良の子どもが北海道のことわかるのかな〜(笑)

それとも、スキー場から関連することをみつけるのかも?

スキー場 白い雪 雪だるま・・・とか?

もし、スキー場、味噌ラーメン、タラバガニ・・・とかだったら!(笑)


『和歌山のわらべ歌』は、ほぼ京都と同じでした。


『広島のわらべ歌』

ジャンケン じゃくろが はちわれた
あいこで アメリカ ヨーロッパ

ソラシシ ラソミレ ミソラソラ
ソラシシ ラソミレ ミソラソラ

「じゃくろ」とは「ざくろ(石榴)」のこと。
じゃがいもを聞き間違えて、
じゃくろになったのでしょうか?

今のようにテレビやナットで広がると
ここまでの変化はないかもしれませんね。

口承のおもしろさです。

続きは島根で。 
0

 

北海道のわらべ歌(ジャンケンホコホコ北海道)A  おすすめ資料

柳原書店の『北海道のわらべ歌』で見つけた、
「ジャンケン ほこほこ 北海道〜」

続きは福井から。

どこが発祥かわからないこの歌ですが、
遊びながら伝えられる中で
おもしろいアレンジが効いてきます。

『福井のわらべ歌』
「ジャンケン じゃがいも さつまいも
 ろくじいさん いもくって 屁こいて
 ジャンケンポン」

ソーシー ラソミレ ミミソソ
ラーソソ ラーソソ ララソソ ラーソソソ
ラーラーラー

お〜おもろ〜!
字だけを見てるとわかりませんが、
ぜひこれは『福井のわらべ歌』の本を見て
感じていただきたい!

さつまいも から間を入れず歌を続けるので、
さつまい もーろくじいさん となるのです。

ジャンケンでこんなに楽しいなんて!


福井の本にはもう一つ。

「ジャンケン じゃがいも さつまいも
 ろくいもくって 北海道は
 寒いってたら 毛布がいるよ」

こちらのアレンジもいいですね〜。


『静岡山梨のわらべ歌』
「ジャンケンホカホカ 北海道」

ソラシシラソミレ ミソラソラ

とかなりシンプルですが、
本の解説が興味深い。

解説:ジャンケンは中国から渡来したものと言われる。
もともと酒席における大人のあそびだったものが、
子どもの世界にもとり入れられた。

大勢で勝負するときは、「グーなしだ」
「グーなっしん」「パッとチョキ」などと、
何か拳を一つ除いてジャンケンをし、
勝負を速くした。

ときにはかなり長い文句をうたいこんで、ジャンケンを楽しんだ。

とあって、類歌にこんなうたが。

「ジャンケンじゃが芋北海道
 あいこでアメリカヨーロッパ
 かっぱのおじさん毛が三本
 ボンボン時計が鳴りました
 たんたん狸の腹づつみ
 みんみんみみずく ホーホケキョウ
 今日はこれでおしまい」

こんな楽しいのを考えた子は
クラスの人気者に違いない(笑)
0

 

北海道のわらべ歌(ジャンケンホコホコ北海道)  おすすめ資料

わらべうたネットワークうたぼっこの森で出す本では、
昭和50年代60年代に出版された柳原書店(現在、柳原出版)の『日本わらべ歌全集』から、
時代背景が感じられる遊び、私たちが遊んで楽しいと思う遊びなどを選んで載せさせていただいています。

使用に関しては本の監修をお引き受けいただいた
『日本わらべ歌全集』の東京、千葉、鳥取、島根のわらべ歌の著者でもある尾原先生や、
出版元の柳原出版にご協力いただきました。

そこでこれから、
『日本わらべ歌全集』を北海道から沖縄まで、
1冊ずつご紹介していこうかと思います。


まずは『北海道のわらべ歌』

クリックすると元のサイズで表示します

「ジャンケンホコホコ」
ジャンケンホコホコ 北海道
あいこでアメリカ ヨーロッパ
(グ チョ パ)

ソソシシラソミレ ミラララ
ソソシシラソミレミララララ

*↑はあくまで参考で。

最後の(グ チョ パ)で拳を出しますが、
この遊びはジャンケン勝負というより、
言葉あそびとジャンケンを出すまでのワクワク感を楽しむ遊びです。

拳を抱えみんなで体を揺らしながら
ニヤニヤしながらうたう様子が目に浮かびます。

この手のものは誰しも一つはご記憶がありかと。
(といっても昭和生まれに限る?)

でも「ホコホコ 北海道」は他ではあまり聞かないかな?
ホコホコはジャガイモかな?
と思って全集を全部見てみましたら、
おもしろいことを見つけましたよ。

長いけど、書き出してみますね。
*音は採譜者によってうたい出しの音が違っています。
口承伝承なので。

『岩手のわらべ歌』
「ジャンケン じゃがいも さつまいも
 あいこで アメリカ ヨーロッパ」

ミミララ ソミレド レレソミソ(くり返す)

『栃木のわらべ歌』
「ジャンケン じゃがいも さつまいも
 あいこで アメリカ ヨーロッパ」

ソソシシ ララソソ ラララソラ
ソソソソ ソソソソ ソラシシラ

『東京のわらべ歌』
「ジャンケン ホカホカ 北海道」
または
「ジャンケン じゃがいも さつまいも」

ソソシシ ラソソソ ソソラソラ
または
ソソシシ ラソミレ ミソラソラ

解説:ジャンケンの掛け声が発展し、
ジャンケンや遊びを楽しむ気分を盛り上げる。

『埼玉のわらべ歌』
「ジャンケン ぽかぽか 北海道」

ソラシシ ラソミレ ミ〜ラソラ

解説:歌が長引くだけ、
どの拳を出そうかと内心緊張もする。
比較的新しい合図である。

『富山のわらべ歌』
「ジャンケンホカホカ 北海道
 あいこで アメリカヨーロッパ」

ファファララソファレド レ〜ソファソ

『新潟のわらべ歌』
「ジャンケン じゃがいも さつまいも」

ソラシシ ラソミレ ミソラソラ

解説:ジャンケンを用意する唱えにいろいろなことばを入れて、
ジャンケンをより楽しくしようとしたものである。

昔は、ジャンケンで順番を決める遊びが多かった。
筆者の経験によれば、竹馬遊び・釘打ち遊び・パッチ(めんこ)などのときによくうたった。
今の子どもたちもよくうたうが、学校で掃除用具の担当、給食皿の運搬などのときもうたっているようである。

↑新潟のわらべ歌は昭和59年に発行。
昭和48年に、大正7年生まれの当時小学生の方から採集しています。

ぼっこの森の本での使用で先生方にお手紙を出させれいただきましたが、
峰村先生は一昨年お亡くなりになったそうです。

全集は二度とつくれない傑作です。

『福井のわらべ歌』はこの歌の変形したもので、
とってもおもしろいでの、
続きは今度に。

0

 

日本童謡民謡曲集  おすすめ資料

買ってしまいましたー!「日本童謡民謡曲集」!
広島高師附属小学校 音楽研究部編 柳原出版(前 柳原書店)

開くと古書の匂いがします。

私の必読書
「日本のわらべうた」尾原昭夫 著 文元社(社会思想社)
「日本わらべ歌全集」尾原昭夫 他 柳原出版

同様、むかしのわらべうたの採集本です。

昭和8年に目黒書店から発行され(続は10年)、
昭和53年に柳原書店が復刻本として発行しました。

Amazon中古で、もとの値段より安くてびっくりで迷わず購入。

日本わらべ歌全集を中古でコツコツそろえ、そろったときは国会図書館まで行かなくても、すぐひける!と嬉しかったので、さらに買えて嬉しい!

なかなか、わらべうたを遊ぶ会などの依頼もなく遊べないのですが、わらべうたを読んでるだけで楽しいとは、これはオタクですね(苦笑)

わらべうた学習会はコロナで会場が使えず延期。
次回は4月23日です。

本づくりもだいぶ進んで、あともう少し。
今年中には完成し皆様のお手元に。
0

 

蛇が巻いた  わらべうた日記

愛宕様にことがまだ途中ですが…。

今日テレビのニュースで栃木県小山市間々田の蛇祭り(じゃまつり)に使うわらでつくる大蛇のオブジェを、地域の専門学生やの高校生に協力してもらいつくって宇都宮線の通る畑に展示したということでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以前アロマの恩師のアロマニーズの小島先生が御山出身で、このことをお話ししていたので、もうすこし詳しくお聞きしました。

「蛇が巻いた 蛇が巻いた 四月八日の蛇巻いた」ジャガマイタ
ラララソ ラララソミ・・・

雨祈願、豊作、無病息災などを願って、中学生が主役となるお祭りです。
毎年4月8日に行われていましたが、今は子どもたちのお休みに合わせて5月5日に。
ネットで検索すると、先生の頃よりだいぶ大人が関わっているようです。
先生も100年続く祭りとお話しされていましたが、↓には江戸時代後期から始まったとも書かれていました。
https://www.mamada-hachiman.jp/jyagamaita

各町ごとに子どもたちが1カ月くらいかけて、わらで龍のような蛇をつくり、重い頭の方に竹をさして中学生が担ぎ、前の方の重いところも中学生、尾の軽い方を小学生がもって、町内の農家の家々をまわり、庭先でうたいながら踊ります。
中学生が小学生に「歌うぞ、声だせ!」というと、小学生は小さな声で「じゃがまいた〜」と歌うんだそうで(苦笑)

まわった家からご褒美のお金をもらって、それをみんなでわけるのですが、高校生がたかりに来てニュースになったりもしたとのこと。

子どものころずっとやっていたので、うたもよく覚えているそうです。

間々田は日本橋と日光のちょうど中間で名づけられた地名で、日本橋から間々田まで72キロ、間々田から日光まで72キロ。

柳原出版の「栃木のわらべ歌」にはこのうたは載っていませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します


今作成中のわらべうたの本には「てんぐのめん」というあそびを載せる予定ですが、そのもととなったであろう行事もこれと似ています。

「スッテン テレツク 天狗の面 おかめに ひょっとこ 般若の面」(東京)
(尾原昭夫・著 柳原出版)

先生の解説には、初午で稲荷に子どもたちが集まり、狐の面をかぶって歌い踊り、まわった家からごちそうをもらって食べたり、お金で食べ物を買って食べたりしたとあります。

初午とは、二月になって最初の午(うま)の日で、その日に行われる稲荷神社のお祭りのことだそうです。

柳原出版の「日本わらべうた全集」には子どもが関わってうたのある歳時も載っています。
それらのうたはなかなかうたう機会はないものの、解説もおもしろく読むだけでも魅力的な本です。

子どもが少なくなって、このような行事も途絶えたところが多いのだと思いますが、大切に受け継がれていて、いつか見に行きたいです!
0

 

わらべうたのゆかりの地を訪ねて  「愛宕さまおりて」@  わらべうた日記

わらべうたネットワークぼっこの森で出すわらべうたの本に
「愛宕さまおりて」を載せる予定です。


「愛宕さまおりて」

愛宕(あたご)さまおりて    頭
下谷(したや)を通って     おでこ
毛虫坂(けむしざか)おりて   まゆげ
目黒をまわって        目のまわり
花屋へ寄って         鼻 
花一本折って         鼻をつまむ
方々でしかられて       ほっぺ
池之端(いけのはた)まわって  口のまわり
碁石(ごいし)を拾って     歯 
あごつき坂(ざか)おりて    あご
無念なことよ         胸
おへそで コチョコチョコチョ おへそ くすぐる

(「東京のわらべ歌」/柳原書店)

歌詞の横の部分にふれて、
最後はくすぐるというあそびです。

この地名などは、わらべうた特有のことば遊びで、
体の部位の名前を他の似ている言葉に変えています。

皆さんもうたいながら、何が何にかかってるのか考えてみてください。


これに似たうたは他県にも多くありますが、
このうたの採譜場所は東京の文京区本郷です。

うたの中に東京の地名が出てきますし、
この「愛宕さま」は港区愛宕の
愛宕神社の可能性が高そうです。

愛宕神社に参拝するのに、
このうたに出てくる地名と何か関係があるのかと思い、
たずねてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

出世の階段と言われています。
私は裏のエレベーターに乗ってしまったので、
相変わらず出世とかとは縁がないんだな(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
愛宕さまは火伏の神さまですが、
出世階段があるためかサラリーマン風の背広の方が多かったです。

また、料理亭の方みたいな感じも人もいました。

クリックすると元のサイズで表示します
階段は上から見ると迫力があります。

まずは社務所で神社の方にうたの説明をして、
このうたに関して何かご存知か、
参拝の際にこの地名を訪ねる風習はあったかなどをお聞きしました。

家事で古文書なども残らず、古いことはわからない。

この辺りは商業ではなく武家屋敷などで、
遊廓で遊んだ後に寄ったりもしていたとおっしゃっていました。

老舗のお菓子屋さんなどならわかるかもと思いお尋ねすると
「 」を教えていただきお店に伺いました。

お店はかなり古いのですがここに移られたのは昭和20年代で、
お店の方もよくわからないとのこと。

せっかくなのでお店の看板菓子の豆大福をいただきました。

お店の横に文房具屋さんがあり飛び込みでお聞きしました。

文房具屋のご夫婦はずっと住んでいるけれど
他の神社の氏子だそうです。

愛宕神社の氏子ならわかるかもと、
明治屋さんという呉服も扱う染物屋さんと
コニシ酒店さんを教えてくれました。

ビルが立ち並ぶ横道に明治屋さんがあり、
ガラスの戸をのぞくと、
お店の奥におばあさんがちょこんと正座して縫い仕事をしていました。

この続きはまた今度。

0

 

新習志野公民館育児講座  活動の報告

「育児講座」
日にち:2019年10月30日
時間:10〜11時半
場所:新習志野公民館
対象:6ヵ月以上1歳未満の親子

新習志野公民館では、
未満の育児講座と2〜3歳の幼児教室を定期的に開催。
私はこの2つにプログラムでわらべうたをさせていただきます。

この日は育児講座。
1時間半あるので、
前半は赤ちゃんと遊びについて
後半は実際に遊ぶという内容にしました。

3組の赤ちゃんとママのお申込みということで、
ゆったりできるかな〜と思って伺うと、
1組お休みで、さらにゆったり。

でも、勉強したことをたくさんお話してきました。

お話しした内容は、

赤ちゃんはいろいろわかっている
赤ちゃんは自分が主体でいたいと思っている
赤ちゃんを見ることから育児が始まる

日本赤ちゃん学会の小西先生の本などを参考に
マザリーズなども含めて。

わらべうたあそびは体に触って遊びますが、
赤ちゃんがそれを受け入れているか
赤ちゃんの様子を見ながら遊ぶこと。

手遊びやお歌を聞いたときなどに
赤ちゃんの手を持って遊んでいる方が多いのですが、
赤ちゃんの手を自由にして
赤ちゃんが思うように動かせるようにしてほしい。
それは、うたを聞いたときに脳の運動野が反応して・・・うんぬん。

ここ数年の赤ちゃん研究によってわかったことを
江戸、明治、大正などでもうたわれていたわらべうたあそびに活かそうと思っています。

お母さんたちも興味深く聞いて、
私もいろいろ質問しながらあっという間に時間が過ぎて、
わらべうたで遊ぶ時間が少なくなってごめんなさい(苦笑)

でもこの笑顔。
なんといってもお母さんたちのお子さんを見る目が温かい。
これが一番です!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

 

えじこについて  わらべうた日記

前回「ゆっきゆっき桃の木」に関係する
「えじこ」のことを書かせていただきましたが、
恩師がより深い情報をアップしてくださいました。

えじこの呼び名や揺らし方など、
とても興味深いものです。

ぜひご覧ください。

https://l.messenger.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fspaceholetter.exblog.jp%2F29722439%2F&h=AT3JGqSceR34SC1AnnFTygrT1B_jxuZqysj7CmI1QnEmT6U7bFnHkPbzTtO7DVH1mDjJe3BesgBb1pgDQ02CLE-zzgqYU85gd33X0M6zQobdrevIqE4RHOLhuUG4rBEgBQ0hqldDa9LHXSQ6q1uHWw
0

 

ゆっきゆっき桃の木  わらべうた日記

所属するわらべうたネットワークうたぼっこの森の本の出版は、
3月か4月になりそうです。

下のうたはその本にも載ります。


「ゆっきゆっき桃の木」

ゆっきゆっき 桃の木
桃っコなったら たもれや
だれもしゃ たもるべ
おじいさんさ 五っつ
おばあさんや 四つ
おとうさんさ 三つ
おかあさんさ 二っつ
おにいさんさ 三つ
あとの残りは ハナちゃんだよ

たもるべ=くださいな
「たもる」は「賜る、くださる」。

『日本わらべ歌全集 岩手のわらべ歌』柳原書店

えじこに入った赤ちゃんを揺すりながらうたったり、
大人が伸ばした足の上に子どもを座らせて、
子どもの手を持っ引き合いながらうたいます。

最後の「ハナちゃん」は、
遊ぶ子どもの名前に変えます。

数も好きに変えていいとのこと。


このうたと解説を見たときに、
「えじこ」とは?と思い調べました。

「えじこ」は赤ちゃんを入れておく
藁でできた丸い籠のようなものです。

寒い東北地方などで使われていました。

「おしん」でえじこが出ていました↓

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

家で見てくれる人がいないときは、
農作業の場所に持って行ったそうです。

えじこはかならず一日で編み上げないと、
子どもの育ちが悪 くなると言われ、
空のままで持ち歩くことはいけないとされていたので、
その場合はかならず小石をいれておくそうです。

参考資料:江戸時代生活文化辞典/ 長友千代治 著 勉城出版

今の私たちには不思議な風習ですね。
うたではわからなかったけど、
解説でこのうたをうたった人たちの想いを感じられます。

子どもを大事に思う気持ちは変わりませんね。

日本わらべ歌全集のうたの解説は
とてもいいんです。

お近くの図書館にもあるかもしれません。
書庫の場合もあるので調べて、
ぜひ手に取って見てくださいね。

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ