こんにちは、WAKです。 みなさんと一緒にわらべうたあそびを楽しみたいと思い、会をつくりました。

 

新習志野公民館育児講座  活動の報告

「育児講座」
日にち:2019年10月30日
時間:10〜11時半
場所:新習志野公民館
対象:6ヵ月以上1歳未満の親子

新習志野公民館では、
未満の育児講座と2〜3歳の幼児教室を定期的に開催。
私はこの2つにプログラムでわらべうたをさせていただきます。

この日は育児講座。
1時間半あるので、
前半は赤ちゃんと遊びについて
後半は実際に遊ぶという内容にしました。

3組の赤ちゃんとママのお申込みということで、
ゆったりできるかな〜と思って伺うと、
1組お休みで、さらにゆったり。

でも、勉強したことをたくさんお話してきました。

お話しした内容は、

赤ちゃんはいろいろわかっている
赤ちゃんは自分が主体でいたいと思っている
赤ちゃんを見ることから育児が始まる

日本赤ちゃん学会の小西先生の本などを参考に
マザリーズなども含めて。

わらべうたあそびは体に触って遊びますが、
赤ちゃんがそれを受け入れているか
赤ちゃんの様子を見ながら遊ぶこと。

手遊びやお歌を聞いたときなどに
赤ちゃんの手を持って遊んでいる方が多いのですが、
赤ちゃんの手を自由にして
赤ちゃんが思うように動かせるようにしてほしい。
それは、うたを聞いたときに脳の運動野が反応して・・・うんぬん。

ここ数年の赤ちゃん研究によってわかったことを
江戸、明治、大正などでもうたわれていたわらべうたあそびに活かそうと思っています。

お母さんたちも興味深く聞いて、
私もいろいろ質問しながらあっという間に時間が過ぎて、
わらべうたで遊ぶ時間が少なくなってごめんなさい(苦笑)

でもこの笑顔。
なんといってもお母さんたちのお子さんを見る目が温かい。
これが一番です!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ