こんにちは、WAKです。 みなさんと一緒にわらべうたあそびを楽しみたいと思い、会をつくりました。

 

一本橋  わらべうた日記

今日総合病院に行きました。
10時前に行って会計したのは2時半過ぎという混み具合でした。

待っている間そばに1歳半くらいの女の子と、3歳の男の子を連れたお母さんがいました。
女の子が眠くてぐずり、荷物を持ちながら抱きかかえなだめていて、そのそばを男の子が暇を持て余してうろちょろし、「ゴミ箱はさわっちゃだめ」など注意されていました。
迷いましたが「後悔するよりいいや」とお母さんに「お兄ちゃんは人見知りしますか?」と話しかけ、大丈夫そうなので「おばちゃんも暇だから、一緒にお絵かきしようか?」と言って持っていたチラシの裏にアンパンマンなど書いてあそびました。
少しして近くでお父さんと待っていた同じ3歳の男の子も加わってあそびました。
お絵かきしている間にしゃがんでいる私の肩に寄りかかってきてくれるのが嬉しかったです。

男の子たちとバイバイしたあと、しばらくして今度は2カ月くらいの赤ちゃんがおっぱい求めて泣いているのに、3歳くらいの女の子がたまたま乗れたお母さんの膝から降りたくなくてぐずりはじめました。
なので今度は、その子とあそびました。
お絵かきの紙もなくなったので、お母さんと「ずいずいずっころばし」をしているのを見ていたしと、「一本橋」や「おんせべ」「お寺の和尚さん」などをしました。
「一本橋」以外は知らなかったけど、真似してもらいながら楽しめました。
「やっぱり、わらべうたは何もなくても楽しめていいな〜!」と思いました。

女の子が知っていた「一本橋」はよく聞くものでした。

一本橋こーちょこちょ たたいて つねって
階段登って〜 こちょこちょこちょ


私が子どものときにあそんだのはこんなの。

一本橋こーちょこちょ(人差し指で手のひらに1をかき、くすぐる)
二本橋つねって(人差し指で手のひらに2をかき、軽くつねる)
三本橋たたいて(人差し指で手のひらに3をかき、パーの手でたたく)
四本橋なでなで(人差し指で手のひらに4をかき、パーの手でなでる)
階段登って〜(腕を人差し指と、中指2本でちょこちょこあがり) 
こちょこちょこちょ(わきをくすぐる)
*または、「おっちょこちょい」と言っておでこを軽くつつく。


わらべうた学習会でも「さんざん、つねったりたたいたりしても、四本目でなでてもらうのってのがいいね〜」と好評でした。

今日はほんと、勇気出して声かけてよかったし、お母さんに拒否されなくてよかったなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
うちの雑種のくりんです。
この日記に彼女のひとこまを載せたら、お好きな方はちょっと癒しになりませんかね(笑)
今日は久米川町の梅岩寺内の立派なけやきの前で 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ